米国、国民の2割が「無宗教」

2012年10月16日10時45分 印刷
 【CJC=東京】米国の調査機関「ピュー・フォーラム・オン・レリジョン・アンド・パブリック・ライフ」によると、米国の成人の間で「無所属」を主張する人が増加、5年前の15%から20%になった。世代交代による影響と同機関は見ている。65歳以上では9%に留まっているのに、30歳未満では32%に達している。

 さらにプロテスタントと自認する人が減少を続け、ついに48%と過半数を割ったことも分かった。カトリックは22%を維持している。

 40年前の1972年には、プロテスタント62%、カトリック26%、「無所属」7%だった。

 プロテスタントの減少も白人に見られる現象。白人でもボーンアゲインや福音派に属する人は2007年の21%から19%に、一方、白人でもボーンアゲインや福音派ではないとした人は18%から15%に減少している。

 調査機関は、カトリックが微減に留まっているのは、ラテンアメリカ(中南米)各国からの移民が寄与した、と見ている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース