ロシアとポーランドの教会首脳、和解声明に調印

2012年8月22日12時30分 印刷
 【CJC=東京】ロシア正教会とポーランド・カトリック教会の指導者が両国市民間の和解を呼び掛ける共同声明に8月17日調印した。

 ロシア正教会モスクワ総主教座のキリル総主教は16日、ポーランドを4日間の日程で初めて訪問した。調印はワルシャワの王宮で行われた。

 キリル総主教とポーランド司教協議会ヨーゼフ・ウィチャリク会長(プルゼミスル大司教)は信仰者に向けて「双方が関わってきた過ち、不正、全ての悪について赦しを求める」よう呼び掛けた。

 声明は、キリル総主教のポーランド訪問を機会に署名されたもの。両国とカトリック・正教会信徒の間の何世代にもわたる敵意に終止符を打つことを目的にしている。

 今回の共同声明で、1965年のポーランド司教によるドイツ・カトリック教会指導者宛の書簡を想起する向きもある。書簡は第二次大戦の際に行われた最も苦痛に満ちた両国間の過ちを自ら赦し、また赦しを求めるものだった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース