神学・教育

少子化、信徒教員の減少、迫る「教育改革」 日本のカトリック学校の現状と将来

少子化、信徒教員の減少、迫る教育改革 カトリック学校の現状と将来

日本のカトリック学校は今、少子化や公立志向の増加という日本社会全体の傾向や、それまで学校を支えてきた司祭・修道者の高齢化や信徒教員の減少など、カトリック学校独自の課題も多く抱えている。

2018年11月29日23時05分

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」

世界的に人気の講演企画「TED(テッド)」の派生イベント「TEDxDoshishaU」が24日、同志社大学で初開催された。同大神学部嘱託講師で牧師の青木保憲氏もスピーカーの1人として登壇し、「信じられる自分をつくる方法」をテーマに語った。

2018年11月28日16時29分

『内村鑑三日録』以降の研究、内村にみる「良心」の系譜 第40回内村鑑三研究会

『内村鑑三日録』以降の研究、内村にみる「良心」の系譜 第40回内村鑑三研究会

第40回内村鑑三研究会が9月17日、今井館聖書講堂で開かれ、関係者ら約60人が参加した。藤田豊氏が「鈴木範久先生の『内村鑑三日録』以降の内村鑑三研究」、月本昭男氏が「内村鑑三にみる『良心』の系譜」をテーマに、それぞれの研究成果を発表した。

2018年11月03日7時06分

関西学院大学神学部、中道基夫・現学部長を再任

関西学院大学神学部は、17日に開催した教授会で、来年3月に任期を迎える学部長の選挙を実施し、現職の中道基夫(なかみち・もとお)氏(58)を再任した。任期は2019年4月〜21年3月の2年。

2018年10月19日10時59分

「聖書協会共同訳」予約受付開始、初刷は記念価格 日本聖書協会から31年ぶりの新訳

「聖書協会共同訳」予約受付開始、初刷は記念価格 日本聖書協会から31年ぶりの新訳

日本聖書協会は今年12月上旬、同協会発行のものとしては31年ぶりとなる新しい翻訳の聖書「聖書協会共同訳」を発売する。「文語訳」「口語訳」「新共同訳」に続く4番目の聖書。書店やアマゾンなどで予約受け付けが始まり、初刷のみ記念価格で販売される。

2018年09月19日12時35分

世田谷区で「二子玉川聖書学院」がスタート 聖書通読で培われた教会から生まれた学びの場

世田谷区で「二子玉川聖書学院」がスタート 聖書通読で培われた教会から生まれた学びの場

東京都世田谷区にある玉川キリスト教会で、一般信徒が聖書を体系的に学べる「二子(ふたこ)玉川聖書学院」が始まった。同教会が主宰するものだが、他教会の信徒も参加でき、教派もプロテスタントからカトリック、正教まで問わず、門戸を広く開いている。

2018年09月13日14時53分

浦和ルーテル学院の小中高、青山学院大の系属校に 協定締結

浦和ルーテル学院の小中高、青山学院大の系属校に 協定締結

学校法人青山学院と学校法人浦和ルーテル学院は7月18日、浦和ルーテル学院の設置校である浦和ルーテル学院小学校、中学校、高校(いずれも福島宏政校長)が、青山学院の設置校である青山学院大学(三木義一学長)の「系属校」となる協定を締結した。

2018年08月06日19時15分

立教学院新理事長に白石典義氏 大学統括副総長、学院常務理事など歴任

立教学院新理事長に白石典義氏 大学統括副総長、学院常務理事など歴任

立教学院の理事会は1日、神谷昭男前理事長(73)の任期満了に伴い、立教大学名誉教授の白石典義氏(65)を新理事長に選出した。任期は8月1日から、2022年7月31日までの4年。

2018年08月03日22時45分

霊的成熟を目指して 第8回オルフォード講解説教セミナー

霊的成熟を目指して 第8回オルフォード講解説教セミナー

世界的な名説教者、故スティーブン・オルフォード氏の説教に学ぼうと開催されている「オルフォード講解説教セミナー」が12日から15日まで、グレース宣教会GMセンターで開催された。セミナーに参加した新川代利子氏によるレポートを掲載する。

2018年06月22日19時52分

上智大、関西学院大が協定締結、キリスト教主義・国際性軸に運営面でも協力へ

上智大、関西学院大が協定締結、キリスト教主義・国際性軸に運営面でも協力へ

上智大学と関西学院大学は20日、包括協定を締結し、調印式と両大学長による記者会見を行った。両大の共通項であるキリスト教主義と国際性などを軸に、教育や研究面だけでなく、大学の運営面においても情報交換などを通して協力を進めていく。

2018年06月20日18時37分

「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」テーマに 内村鑑三研究セミナー

「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」テーマに 内村鑑三研究セミナー

第33回内村鑑三研究セミナーが9日、立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区)で開かれ、「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」をテーマに、黒川知文氏と村松晋氏がそれぞれの研究成果を発表した。

2018年06月16日18時51分

キリスト教学校教育同盟、新理事長に西原廉太・立教学院副院長

キリスト教学校教育同盟、新理事長に西原廉太・立教学院副院長

プロテスタント系の102学校法人が加盟する「キリスト教学校教育同盟」は8、9の両日、関東学院大学(横浜市)で第106回定時総会を開催し、立教学院の西原廉太副院長(55)を第28代理事長に選出した。任期は9日から2年間。

2018年06月12日15時43分

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(3)

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(3)

2017年4月から始まった「拓成学院」。彼らのユニークな学びは、前回、前々回でその概要を紹介できたと思われる。彼らのような方向性は、果たして日本のキリスト教界にどのようなインパクトを与えることになるのだろうか。

2018年05月29日16時06分

ICU、上智大が包括協定締結 国際機関で活躍する人材の共同育成目指す

ICU、上智大が包括協定締結 国際機関で活躍する人材の共同育成目指す

国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)と上智大学(同千代田区)は24日、「連携及び協力に関する包括協定」を締結した。上智大の四谷キャンパスで同日、両大の学長と副学長が出席して調印式が行われた。

2018年05月24日17時32分

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(2)

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(2)

2017年4月から始まった「拓成学院」。平日朝6時から20代前後の若者たちが集まり、熱心に学んでいる。彼らのユニークな学びを紹介するとともに、「21世紀の日本に必要とされる『神学校教育』とは何か」を2回に分けて大胆に提言をしてみたいと思う。

2018年05月22日7時16分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング