神学

「自然」をキリスト教的にどう考えるか 水垣渉・京大名誉教授が講演

「自然」をキリスト教的にどう考えるか 水垣渉・京大名誉教授が講演

「阪神宗教者の会」の6月の例会で、日本基督教学会元理事長の水垣渉・京都大学名誉教授が、「自然」をキリスト教的にどう考えるかをテーマに語った。自然をキリスト教的に考えるのは難しいとしつつも、キリスト教的自然観構築の課題などについて語った。

2020年07月10日15時47分

JEA神学委がコロナに関する神学的考察 委員ら8人がエッセー形式で

JEA神学委がコロナに関する神学的考察 委員ら8人がエッセー形式で

日本福音同盟(JEA)神学委員会は8日、新型コロナウイルスに関する神学的考察「心をひとつにして、福音の信仰のために〜新型コロナウイルス時代を生きる教会〜」をJEAのホームページで発表した。

2020年06月09日22時00分

第16回涙骨賞、論文部門奨励賞に大川大地氏の「キリストを着る」

中外日報社が主催する「第16回涙骨賞」の論文部門奨励賞に、大川大地氏(30)=立教大学大学院キリスト教学研究科博士後期課程=の「キリストを着る―原始キリスト教の洗礼における衣服・ジェンダー・権力」が選出された。

2020年05月05日14時20分

コロナ騒動から見えてくるもの―宗教的世界観と世俗的世界観の間で(2)

コロナ騒動から見えてくるもの―宗教的世界観と世俗的世界観の間で(2)

かつて欧州でペストが流行したとき、人々はこの疫病を神の裁きだと考えた。そう教会は訴えたし、そうすることで人心掌握の手綱を強めることもできた。その時代、14世紀の中世欧州社会には、「宗教」など存在しなかった。

2020年03月30日15時06分

教会ができる新型コロナ対策、WEAが米疾病予防管理センターの指針もとにガイドライン

コロナ騒動から見えてくるもの―宗教的世界観と世俗的世界観の間で(1)

コロナ、コロナ、コロナ・・・。どこもかしこも、この言葉が踊る。目には見えないが私たちの生活を根本から変えてしまうこのウイルスによって、疲弊させられ、神経をすり減らされ、喜びや感動のみならず、人生の節目を思うひとときすら奪われつつある。

2020年03月30日15時05分

神戸改革派神学校の吉田隆校長が「ウイルス禍についての神学的考察」

神戸改革派神学校の吉田隆校長が「ウイルス禍についての神学的考察」

新型コロナウイルスの感染拡大に応じ、神戸改革派神学校が21日、「ウイルス禍についての神学的考察」を同校のウェブサイトで公開した。

2020年03月26日11時41分

東京神学大学

東神大、新型コロナで卒業礼拝・卒業式中止 TCUは参列制限などで対応

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京神学大学(芳賀力〔はが・つとむ〕学長、東京都三鷹市)は27日、3月5日の卒業礼拝、6日の卒業式を中止すると発表した。代わりに、卒業生、学校法人常務理事、教員による学位授与式を行うという。

2020年02月27日20時26分

東京基督教大学・TCU

東京基督教大学が大学改革 来年春から「総合神学科」の1学科制に

東京基督教大学は、「神学科」「国際キリスト教福祉学科」の2学科制を、2021年春から「総合神学科」の1学科制に変更すると発表した。学生は1、2年次に共通科目でキリスト教世界観をしっかりと身に付けた上で、3年次から専攻を選択することになる。

2020年01月15日16時51分

東京神学大学

東京神学大学、ハラスメント問題で調査報告を発表

教授2人からハラスメントを受けたと学生が訴えていた問題で、東京神学大学は公式サイトに調査報告に関する文書を掲載した。ハラスメントについて「違法性は認められない」と結論付けた一方、ガバナンス上の問題点も指摘し、内規の見直しなどを提言した。

2019年12月09日16時09分

東京神学大学

東京神学大学、新学長に芳賀力氏

東京神学大学(東京都三鷹市)は28日、くも膜下出血のため9月に急逝した大住雄一学長の後任として、学長代行の芳賀力(はが・つとむ)教授が新学長に就任したと発表した。就任は11月25日付。来月10日に同大礼拝堂で就任式を行う。

2019年11月29日17時32分

ドナルド・トランプ・福音派

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(4)

ポリティカル・コレクトネス(PC)遵守の価値観が反転しつつあるという観点から、米国の福音派そのものの今後の立ち位置を考察するなら、彼らもまた安穏とはしていられない。

2019年07月19日20時44分

ドナルド・トランプ

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(3)

6月6日の報道によると、独自調査の結果、トランプ再選の可能性は数字の上では54パーセントとなっている。ここに福音派がどの程度関与しているのか。これは単に政治的な問題というよりも、米国の福音派がどのような存在となりつつあるかを示すことになる。

2019年07月18日13時02分

ドナルド・トランプ

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(2)

前回に引き続き、トランプ政権と福音派の関連が取り沙汰された出来事を見ていこう。人道的、外交的に人々の注目を最も集めているのが「メキシコ国境の壁」問題だろう。主なやりとりを時系列にまとめてみた。

2019年07月16日21時29分

米国の福音派はどこへ向かうのか?トランプ政権下における Evangelicals の変遷(1)

米国の福音派はどこへ向かうのか? トランプ政権下における Evangelicals の変遷(1)

筆者は同志社大学で講義を行っている。毎回、学生たちから出席カードと共に授業の感想や質問を受け付けている。その中に、こんな質問があった。「福音右派って過激ですか?」この質問は、この学生が無知であるということだけを示すものではない。

2019年07月15日19時04分

東京基督教大学・TCU

東京基督教大学、2021年度から一般入試廃止 シニア選抜新設

東京基督教大学は5日、2021年度からの入試の変更点を大学のホームページで発表した。一般入試を廃止し、総合型選抜(AO入試)に統合するほか、社会人特別選抜を廃止して、シニア入学者・編入学者選抜を新設するなどする。

2019年03月07日12時09分

「平信徒」として福音の喜びに生かされることの重要性 新井明氏選集出版

「平信徒」として福音の喜びに生かされることの重要性 新井明氏選集出版

日本を代表するミルトン研究者で、文学者や教育者として若者たちに向き合い、数多くの講話を残してきた新井明氏の選集第1巻がこのほど出版された。新井氏の文章をより多くの人に読んでもらいたいと、新井氏が指導した経堂聖書会の有志が企画した。

2019年01月04日15時32分

『内村鑑三日録』以降の研究、内村にみる「良心」の系譜 第40回内村鑑三研究会

『内村鑑三日録』以降の研究、内村にみる「良心」の系譜 第40回内村鑑三研究会

第40回内村鑑三研究会が9月17日、今井館聖書講堂で開かれ、関係者ら約60人が参加した。藤田豊氏が「鈴木範久先生の『内村鑑三日録』以降の内村鑑三研究」、月本昭男氏が「内村鑑三にみる『良心』の系譜」をテーマに、それぞれの研究成果を発表した。

2018年11月03日7時06分

「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」テーマに 内村鑑三研究セミナー

「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」テーマに 内村鑑三研究セミナー

第33回内村鑑三研究セミナーが9日、立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区)で開かれ、「戦争の時代におけるキリスト教運動」「南原繁の日本的キリスト教構想」をテーマに、黒川知文氏と村松晋氏がそれぞれの研究成果を発表した。

2018年06月16日18時51分

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(3)

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(3)

2017年4月から始まった「拓成学院」。彼らのユニークな学びは、前回、前々回でその概要を紹介できたと思われる。彼らのような方向性は、果たして日本のキリスト教界にどのようなインパクトを与えることになるのだろうか。

2018年05月29日16時06分

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(2)

神学校教育に一石投じる 「拓成学院」が日本の福音宣教へ示すもの(2)

2017年4月から始まった「拓成学院」。平日朝6時から20代前後の若者たちが集まり、熱心に学んでいる。彼らのユニークな学びを紹介するとともに、「21世紀の日本に必要とされる『神学校教育』とは何か」を2回に分けて大胆に提言をしてみたいと思う。

2018年05月22日7時16分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース