宇田川雅彦

「うつ」からの回復のヒントは聖書の中にも 「心の健康まちかど小セミナー」

現代型「うつ」を克服する道は、神にゆだねること 精神科医の宇田川雅彦さん

宇田川雅彦さん(千葉県船橋市立医療センター精神科部長)が、「うつ」をテーマに日本同盟基督教団新船橋キリスト教会で講演を行った。同教会員でもある宇田川さんが地域伝道の一環として始めた「心の健康まちかど小セミナー」は今回で4回目となる。

2017年10月21日6時49分

宇田川雅彦

心を診る(4)100倍返しの人々 宇田川雅彦

「やられたらやり返す。倍返しだ!」。これは、2013年に放送されたテレビドラマ「半沢直樹」に登場する主人公の決めセリフだ。一躍流行語となり、2013年の新語・流行語大賞で年間大賞を受賞した。社会には、この「倍返し」程度では気が済まぬ人々がいる。

2016年03月19日20時45分

宇田川雅彦

心を診る(3)あなたは何をしてほしいのか 宇田川雅彦

新年早々に失敗談を打ち明ける。といっても、今から10年以上も前のエピソードだ。その患者さんは、複雑な社会的事情の中で苦しみ抜いた末に自殺を図った中年の男性だった。

2015年01月01日7時57分

宇田川雅彦

心を診る(2)ひとりぼっち 宇田川雅彦

「ひとりぼっち」・・・遺書にはたったひと言、そう書かれていた。忘れられない患者さんが何人もいる。なかでも、自殺してしまった患者さんは、決して忘れられない。この青年もそのひとり。

2014年11月09日19時23分

宇田川雅彦

心を診る(1) 宇田川雅彦

「あ、あの、・・・なんて話しかければいいんですかね?」。入院患者のベッドから5メートル以上も離れた位置に、作業服姿の父親は困惑顔で立ち尽くしていたが、やがてそう尋ねた。

2014年11月02日15時11分

精神科医療の現場から 宇田川雅彦医師にインタビュー “自殺予防のためにクリスチャンがすべきこと・すべきでないこと”

精神科医療の現場から 宇田川雅彦医師にインタビュー “自殺予防のためにクリスチャンがすべきこと・すべきでないこと”

日本では、1998年に初めて自殺者が3万人を越えたが、2012年には3万人を下回り、一見、予防対策が効を奏している様に見える。しかし、若年層(15歳から24歳)の自殺死亡率は増加傾向にある。「ここに我が国の大きな問題がある」と千葉県船橋市立医療センターの精神科医宇田川雅彦氏は語る。

2014年08月25日20時59分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース