トルコ

戦闘で破壊された町に残る最後の6教会、政府の収用命令により押収 トルコ

トルコ政府は、戦闘で破壊された南東部の町ディヤルバクルに残る最後の六つの教会を押収し、国有財産だと宣言した。収用された教会には、カトリック、プロテスタント、正教会が含まれ、1700年以上前に建築されたものもある。

2016年04月21日23時50分

東ローマ帝国時代の建物で現存する最後の教会、生き残りのために闘う

東ローマ帝国時代の建物で現存する最後の教会、生き残りのために闘う

トルコのアンカラにある、東ローマ帝国時代の建物で現存する最後の教会が、人口過密の都市部が拡大し続ける中でその生存をかけて闘っている。少なくとも千年以上前に建築された聖クレメント正教会は現在荒廃しており、オフィスが多く建つその地域の中で消し去られようとしている。

2016年02月16日14時14分

駐バチカン・トルコ大使帰任へ

時事通信によると、トルコ外務省は3日、本国に召還中の駐バチカン大使を帰任させると発表した。教皇フランシスコが昨年4月、第1次大戦中にオスマン帝国で多数のアルメニア人が殺害された事件を「20世紀最初のジェノサイド(集団虐殺)」と呼んだことに反発していた。

2016年02月09日22時45分

中東でのキリスト教の驚くべきうねり

中東でのキリスト教の驚くべきうねり

数百万人のキリスト教徒が中東から脱出し、キリスト教発祥の地からキリスト教人口が減少していく中で、異例の現象が起こっている。近隣の国々で大規模な流出があるただ中で、このイスラム教が厳格に支配する地域でキリスト教人口が急上昇しているのだ。

2016年01月12日23時57分

トルコ首都の親クルド集会で爆発 過去最悪の自爆攻撃

トルコの首都アンカラの主要鉄道駅近くで10日午前10時ごろ、親クルド派などによる集会を狙った自爆攻撃とみられる爆発が2回あり、少なくとも95人が死亡、246人が負傷した。同国での自爆攻撃としては過去最悪の惨事となった。

2015年10月20日15時03分

ISリーダー、イスタンブールで逮捕

ロシア通信「スプートニク」によると、トルコ警察がイスタンブールで行った特殊作戦で、過激派集団「イスラム国」(IS)のリーダーの1人、ハリス・バイアンスク氏が、自宅で妻と共に逮捕された。

2015年08月05日7時11分

トルコ大統領、クルド武装組織との和平「不可能」

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は7月28日、アンカラで会見し、少数民族クルド人の非合法武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)との和平交渉について、「国家の統一と連帯を脅かす者と和平交渉を進めることは不可能だ」と述べた。交渉の破綻を示唆したと見られる。

2015年08月05日7時09分

トルコ南部でIS信奉者の自爆テロか 30人死亡

シリア国境まで10キロにあるトルコ南部スルチの文化センター前で20日午前に爆発が起き、30人が死亡、約100人が負傷した。現地紙ヒュリエットは、過激派組織「イスラム国」(IS)の信奉者の18歳女性による自爆テロだったと報じている。

2015年07月28日14時34分

トルコが教皇発言に反発 駐バチカン大使召還

教皇フランシスコが12日、オスマン・トルコ帝国末期のアルメニア人大量殺害を「20世紀最初のジェノサイド(民族大量虐殺)」と発言したことを受け、トルコ政府は、自国の駐バチカン大使を召還した。

2015年04月14日17時12分

トルコ・カッパドキアで地下都市発見 過去最大と推定

米誌『ナショナル・ジオグラフィック』の最新号が、トルコ中部カッパドキアのネブシェヒルで発見された地下都市を紹介している。ビザンチン(東ローマ帝国)時代最初期のものとみられ、正確な面積は450万平方メートル以上と推定される。

2015年03月31日17時44分

アルメニア使徒教会、大虐殺100周年で犠牲者たちを列聖へ

アルメニア使徒教会、大虐殺100周年で犠牲者たちを列聖へ

東方諸教会・非カルケドン派の一教派であるアルメニア使徒教会は、アルメニア人大虐殺100周年の日である4月23日、150万人ともいわれるその犠牲者たちを列聖するという。

2015年02月10日9時43分

「仏風刺紙」関連の議論・デモ、世界に拡大

フランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」が表紙にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに対するイスラム教徒の抗議行動が、アフリカや中東、アジアに広がっていることを米紙「ウォールストリート・ジャーナル」などが伝えている。

2015年01月20日13時09分

トルコ、キリスト教会新建設を許可 建国以来初

トルコ、キリスト教会新建設を許可 建国以来初

トルコ政府は3日、最大都市イスタンブール郊外にキリスト教の教会を新設することを許可したと明らかにした。フランス公共ラジオが報じ、日本でも共同通信などが伝えている。新たな教会建設が認められるのは、1923年にトルコ共和国が建国されて以来初めてだという。

2015年01月05日16時03分

教皇、トルコを司牧訪問

教皇フランシスコは11月28日から3日間の日程でトルコを司牧訪問した。第6回目の海外訪問。トルコのエルドアン大統領、正教会コスタンティノポリスのエキュメニカル総主教バルソロメオス1世、トルコ・カトリック司教協議会の招きに応える訪問。

2014年12月02日13時59分

教皇、イスラム指導者らに過激派非難を要請

教皇フランシスコは11月30日、トルコ訪問からローマに戻る機内での記者会見で世界のイスラム教指導者らに向けて、イスラムの名の下に行われているテロリズムを「明確に」否定するよう呼び掛けた。

2014年12月02日13時51分

教皇フランシスコ、メッカの方角へ頭垂れモスクで祈り

イスラム原理主義を収束させるための宗教間の首脳会談の翌日11月29日、教皇フランシスコはトルコのイスタンブールにある17世紀に建てられたモスクを訪れ、メッカの方角へ頭を垂れて数分間の黙祷をささげた。

2014年12月01日23時58分

紛争で分断されたキプロスの諸教会、同島の一致のために祈る

紛争で分断されたキプロスの諸教会、同島の一致のために祈る

世界教会協議会(WCC)の加盟教会であるキプロス正教会は、地中海の同国にある他の諸教会と共に同島の一致を求める一方で、まず40年前にトルコの侵攻によって負わされた傷を癒すことが課題だと認識している。

2014年11月26日15時41分

ローマ教皇、11月末にトルコ司牧訪問

教皇フランシスコは、11月28日から30日までトルコを司牧訪問する。バチカン(ローマ教皇庁)広報事務所が発表した。訪問は、トルコのエルドアン大統領と、正教会のバルソロメオス1世、トルコのカトリック司教協議会の招きに応えて行われるもの。

2014年10月28日13時29分

シリア・トルコ国境付近でカトリック司祭と信徒20人拉致 「ヌスラ前線」関与か

トルコ国境付近のシリアでカトリック司祭と信徒20人が拉致された。エルサレムのラテン典礼総主教が7日明らかにした。5日夜、キリスト者が居住する小村クナイェでハンナ・ヤルフ神父が拉致された。

2014年10月14日16時27分

教皇フランシスコ、11月下旬にトルコ訪問へ

バチカン(ローマ教皇庁)は12日、トルコのレチェプ・タイプ・エルドガン大統領が教皇フランシコへ出した公式訪問への招待を受理した。

2014年09月16日14時51分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース