トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判

2020年10月2日15時21分 印刷
+トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判
スイス・ジュネーブで開催されている国連人権理事会第45回会合=9月25日(写真:UN Photo / Jean Marc Ferré)

世界福音同盟(WEA)は、スイス・ジュネーブで開催されている国連人権理事会第45回会合で、トルコがこの2年間にプロテスタントのキリスト教徒60人以上を、正当な手続きなしに恣意的に強制送還または入国禁止にしたとして、決定の見直しを求めた。欧州の福音派メディア「エバンジェリカル・フォーカス」(英語)が9月29日に伝えた。

エバンジェリカル・フォーカスによると、WEAのアドボカシー担当官であるウィサム・アルサリバイ氏は、会合の場で2つの事例を紹介。1人はトルコに20年間居住していたスリランカ国籍の男性で、キリスト教徒のトルコ人女性と結婚し4人の子どもがいたが、入国禁止令を受けた。もう1人は夫と共に30年間トルコに居住していた女性で、短期旅行からトルコに戻る機内で突然、入国禁止令を受けた。さらに、英国に強制送還される前には、窓のない入国管理局の留置所に3日間勾留されたという。

WEAは、これらのキリスト教徒は突然、家族から引き離される形になり、トルコ国内にあった自身の所有物へのアクセスも拒否されたと指摘。さらに、強制送還・入国禁止となった理由は、国家安全保障に関する脅威以外は何も説明されておらず、弁護士が決定文書の開示を求めても拒否されたとして、国連の人権規約である「自由権規約」(ICCPR)に反するものだと批判。決定の見直しや、なぜこのような決定が下されたのかの調査も求めた。

WEAは第45回会合の開催期間中、他にもジンバブエやパキスタン、スウェーデンにおける信教の自由の問題についても取り上げている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース