信教の自由

【インタビュー】マイク・ポンペオ氏の信仰の歩み 日曜学校から国務長官まで

【インタビュー】マイク・ポンペオ氏の信仰の歩み 日曜学校から国務長官まで

共和党の元下院議員であり、長老派の教会で長年日曜学校の教師を務めてきたマイク・ポンペオ氏ほど、イエス・キリストへの信仰を率直に、そして声高に語ってきた国務長官はいないだろう。

2020年10月26日20時21分

トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判

トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判

世界福音同盟(WEA)は、スイス・ジュネーブで開催されている国連人権理事会第45回会合で、トルコがこの2年間にプロテスタントのキリスト教徒60人以上を、正当な手続きなしに恣意的に強制送還または入国禁止にしたとして、決定の見直しを求めた。

2020年10月02日15時21分

サンフランシスコのコロナ対策にカトリック信者が抗議デモ 米司法省も「違憲の可能性」

サンフランシスコのコロナ対策にカトリック信者が抗議 米司法省も「違憲の可能性」

新型コロナウイルスの感染拡大で半年以上にわたって経済活動が制限され、日常生活に混乱が生じている中、米カリフォルニア州サンフランシスコのカトリック信者らが20日、対面式のミサを禁じる同市の感染対策に抗議し、デモ行進を行った。

2020年09月29日16時09分

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

現代技術を使わない昔ながらの生活様式を守るキリスト教の一派「アーミッシュ」の世界最大の共同体がある米中西部オハイオ州で16日、地方自治体の首長や公務員が、キリスト教会を含む特定地域の礼拝所の閉鎖を命じることなどを禁止する法律が成立した。

2020年09月25日17時26分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(3)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(3)

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、米国で教会の礼拝を制限しようとする州政府に対して信教の自由を求め、福音派の重鎮神学者が法廷闘争をはじめ、国論を二分する議論が巻き起こっている。

2020年09月25日8時06分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(2)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(2)

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、米国で酒屋や大麻販売店を必須、教会の礼拝は必須ではないとし、BLM抗議集会と教会で違う対応を見せるカリフォルニア州の二重基準に批判の声があがっている。

2020年09月25日8時05分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

新型コロナウイルス対策における教会の扱いをめぐり、米国では感染の危険性があってもBLM運動は黙認し、同様の信教・思想の自由を享受するはずの教会は規制する州を中心に「教会は必須か」という議論が何カ月にもわたって続いている。

2020年09月25日8時04分

信仰の自由:世界人口の75パーセントが制限受ける 米国務省が報告書

中国、ナイジェリアなどで宗教迫害続く 米国務省「信仰の自由に関する国際報告書」

米国務省は10日、「信仰の自由に関する国際報告書」(2019年版)を発表した。マイク・ポンペオ国務長官らは、中国やナイジェリアなどでは宗教者に対する迫害が継続していると指摘。イランや中米のニカラグアでも信教の自由が侵害されていると語った。

2020年06月17日7時54分

米国際宗教自由委員会、「特に懸念のある国」にインドを新たに指定勧告

米国際宗教自由委員会、「特に懸念のある国」にインドを新たに指定勧告

米国際宗教自由委員会が、2020年の年次報告書を発表した。報告書では、スーダンなどで大きな改善があったとする一方、インドなどでは深刻な悪化が見られたとし、「特に懸念のある国」として、インドを含む計14カ国を指定するよう米国務省に勧告した。

2020年05月12日16時47分

コロナ騒動から見えてくるもの―宗教的世界観と世俗的世界観の間で(2)

コロナ騒動から見えてくるもの―宗教的世界観と世俗的世界観の間で(2)

かつて欧州でペストが流行したとき、人々はこの疫病を神の裁きだと考えた。そう教会は訴えたし、そうすることで人心掌握の手綱を強めることもできた。その時代、14世紀の中世欧州社会には、「宗教」など存在しなかった。

2020年03月30日15時06分

フランクリン・グラハム氏の英国ツアー、全会場が貸し出し中止 運営会社を提訴

フランクリン・グラハム氏の英国ツアー、全会場が貸し出し中止 運営会社を提訴

同性愛をめぐる見解により、5月末から予定していた米大衆伝道者フランクリン・グラハム氏の英国ツアーの8会場すべてが貸し出しを中止したことを受け、ツアーを主催するビリー・グラハム伝道協会が、3会場の運営会社などを相手取り訴訟を起こした。

2020年03月06日14時30分

日本バプ連靖国神社問題特別委、「即位の礼」「大嘗祭」に抗議声明

日本バプテスト連盟靖国神社問題特別委員会は、天皇代替わりに伴い行われた「即位の礼」(10月22日)と「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14、15日)について、政教分離の原則や信教の自由に反するなどとして、政府に抗議する声明を発表した。

2019年12月20日12時36分

宗教指導者ら、中国の宗教弾圧めぐりペンス米副大統領と会談 人権侵害者へ制裁を要望

宗教指導者ら、中国の宗教弾圧めぐりペンス米副大統領と会談 人権侵害者へ制裁を要望

マイク・ペンス米副大統領は5日、南部バプテスト連盟倫理宗教自由委員会のラッセル・ムーア委員長や、中国の人権問題に取り組む宗教指導者らと会談し、あらゆる宗教を弾圧し続ける中国の責任を追及するため、米国の取り得る行動について話し合った。

2019年08月08日16時27分

エリトリアでカトリック系医療施設22カ所閉鎖、司教らの政権批判に対する報復か

エリトリアでカトリック系医療施設22カ所閉鎖、司教らの政権批判に対する報復か

エリトリア政府が国内のカトリック系医療施設22カ所を閉鎖したことを受け、同国の司教らは信者らに対し、2週間以上の断食祈祷に加わるよう求めた。閉鎖は、25年以上にわたって政権を握るアフェウェルキ大統領を司教らが批判したためと考えられている。

2019年07月12日11時23分

米国務省、「信教の自由」報告書発表 中国のウイグル族やキリスト教徒への弾圧に懸念

米国務省は21日、世界各国の「信教の自由」の状況をまとめた2018年版の年次報告書を発表した。今年の報告書は、中国の「新疆(しんきょう)ウイグル自治区」を特に取り上げ、信教の自由の侵害が悪化していると懸念を表明した。

2019年06月25日16時00分

米最高裁で勝訴のケーキ職人、再び法廷へ 今度は性転換祝うケーキ拒否で

米コロラド州のケーキ職人、3度目の訴訟に 性転換祝うケーキ作り拒否で

米コロラド州にあるマスターピース・ケーキ店の店主ジャック・フィリップスさんが、自身の信仰上の理由でケーキ作りを拒否したことをめぐり、3度目の訴訟に直面している。

2019年06月18日22時27分

中国当局、北京最大の「地下教会」を閉鎖 十字架や聖書を焼却、信仰放棄書への署名強要も

中国当局、北京最大の「地下教会」を閉鎖 十字架や聖書を焼却、信仰放棄書への署名強要も

中国の共産党当局は最近、宗教に対する取り締まりの一環として、十字架や聖書を燃やしたり、信仰を放棄させる書類への署名を強要したりしている。また今月初めには、首都・北京で最も大きな政府非公認教会(地下教会)の1つを閉鎖に追いやった。

2018年09月17日17時04分

世界福音同盟総主事、国連事務総長と会談 人権、信教の自由、社会問題めぐり協議

世界福音同盟総主事、国連事務総長と会談 人権、信教の自由、社会問題めぐり協議

世界福音同盟(WEA)総主事のエフライム・テンデロ監督は8月23日、米ニューヨークの国連本部でアントニオ・グテーレス事務総長と会談し、人権や信教の自由、社会問題をめぐる共通の懸念について協議した。

2018年09月14日23時46分

日本基督教団議長が天皇の退位・即位に関して声明 「大嘗祭への国の関与、政教分離に反する」

日本基督教団の石橋秀雄議長は1日までに「天皇の退位および即位の諸行事に関する声明」を発表した。「大嘗祭に至るまで公的な行事と位置付けることは、国民に対して天皇が特別な存在であること、さらには“神格化”のイメージを植え付ける」としてしている。

2018年08月01日18時07分

同性婚ケーキ作り拒否 最高裁でケーキ職人が逆転勝訴、なぜ? 判決詳細

同性婚ケーキ作り拒否 最高裁でケーキ職人が逆転勝訴、なぜ? 判決詳細

同性婚を認めない保守派キリスト教徒のケーキ職人が、同性カップルのウエディングケーキを作ることを拒否したことをめぐる訴訟で、米連邦最高裁は4日、7対2でケーキ職人側を擁護する判決を下した。

2018年06月08日21時41分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース