世界宣教祈祷課題(8月5日):トルコ

2020年8月5日10時08分 執筆者 : 奥山実 印刷
+アヤソフィア
トルコ最大の都市イスタンブールにあるアヤソフィア。東ローマ帝国の代表的な遺構で、ビザンツ建築の最高傑作として高い評価を受けている=2013年(写真:Arild Vagen)

トルコのイスタンブールにある東方正教会のシンボル的大聖堂で世界遺産のアヤソフィアを、トルコ政府が7月10日モスクにすると発表した。

アヤソフィアは537年にギリシャ正教会として建立された。その後およそ千年近く、東方正教会の拠点としての役割を果たし、途方もないほどの宗教的歴史的重要性を帯びている。ちょうどカトリック教会のサンピエトロ大聖堂のような立ち位置となる。

しかし、1453年にイスタンブールがオスマン帝国皇帝メフメト2世によって征服されると、以後モスクとして転用される。

その後、オスマン帝国は滅亡し、その12年後の1934年に、近代トルコ共和国創設者のムスタファ・ケマル・アタテュルク初代大統領によってアヤソフィアの全ての宗教活動は禁止され、博物館として利用され今日に至っていた。

ところが現トルコ大統領のエルドアンは7月24日以降、イスラム教徒の礼拝を可能とした。

これに対し西側世界からは非難の声が上がっており、正教徒を多数擁するギリシャの文化大臣は「文明世界への由々しき挑発だ」と述べ、不快感をあらわにした。

エルドアン大統領は国内のナショナリズムに応えた形となるが、世界の世論、特に正教徒を多数擁する国々からの反発は必至だろう。グローバリズムへの反動から、ナショナリズムが高まっている世界的な傾向が背後にはある。

西欧世界への反発からこの地域では韓国人宣教師の活躍が目立つ。この地域の安定とともに、これらの宣教師らが活躍しトルコの福音化が進むように祈っていただきたい。

■ トルコの宗教人口
イスラム 96・6%
プロテスタント 0・03%
カトリック 0・06%
正教 0・03%
ユダヤ教 0・02%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース