神戸国際支縁機構(KISO)

九州豪雨、神戸国際支縁機構が現地入り 熊本県芦北町、人吉市で第1次ボランティア

九州豪雨、神戸国際支縁機構が現地入り 熊本県芦北町、人吉市で第1次ボランティア

熊本県南部を中心とした大雨被害を受け、神戸国際支縁機構は4日、被災地に現地入りし、同県芦北町や、球磨(くま)川の氾濫により甚大な洪水被害を受けた同県人吉市などを訪れ、今回の大雨被害の1回目となるボランティアを行った。

2020年07月08日13時33分

九州南部豪雨、キリスト教団体も支援開始 避難所や被災者に物資配布

九州南部豪雨、キリスト教団体も支援開始 避難所や被災者に物資配布

熊本県南部など九州南部を襲った記録的な大雨を受け、キリスト教団体は大雨が襲った4日当日から、支援に向けた動きを開始。すでに避難所や被災者への支援物資の配布を始め、緊急支援のための寄付を募っている。

2020年07月06日16時51分

キリスト教と災害(3)うわべだけの復興 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

キリスト教と災害(3)うわべだけの復興 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

権力に取り入ろうとしたフランシスコ・ザビエルの痕跡は記録されているものの、なぜ短期間で日本人の心を捉えたのか、筆者には関心があります。すると、「キリシタン=ボランティア」という構図が浮かび上がってきました。

2020年04月22日14時31分

キリスト教と災害(2)「災害」から「復興」へ 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

キリスト教と災害(2)「災害」から「復興」へ 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

インフラ促進により、砂防ダム、山間ハイウェイのためのトンネル、橋などが行き渡り、自然生態系は脅かされています。防潮堤、河川整備などのハードだけでは、住民の暮らし、いのち、財産は守れないことがだんだん明白な事実として露わになってきています。

2020年04月22日14時30分

キリスト教と災害(1)第106次東北ボランティア報告 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

キリスト教と災害(1)第106次東北ボランティア報告 岩村義雄・神戸国際支縁機構理事長

2020年3月9日、神戸市から2台のワゴン車で石巻市に向かいました。参加者は12人です。神戸新聞社の竹本拓也記者も同行され、石巻地区森林組合を13人で訪問、大内伸之理事長に歓迎されました。

2020年04月22日14時29分

キリスト教と防災(3)3つの課題―里山の復活・脱ダム・食糧安全保障

キリスト教と防災(3)3つの課題―里山の復活・脱ダム・食糧安全保障

2011年に東日本大震災が発生してから、11日で満9年となりました。この9年間、毎月東北の被災地を訪れ、ボランティアを続けてきた神戸国際支縁機構理事長の岩村義雄氏による講演「キリスト教と防災」の内容を一部編集して全3回に分けて掲載します。

2020年03月11日23時22分

キリスト教と防災(2)「逃避の神学」から「解放の神学」への回心

キリスト教と防災(2)「逃避の神学」から「解放の神学」への回心

2011年に東日本大震災が発生してから、11日で満9年となりました。この9年間、毎月東北の被災地を訪れ、ボランティアを続けてきた神戸国際支縁機構理事長の岩村義雄氏による講演「キリスト教と防災」の内容を一部編集して全3回に分けて掲載します。

2020年03月11日23時21分

キリスト教と防災(1)教会は被災者の「叫び」を聴き取れたのか

キリスト教と防災(1)教会は被災者の「叫び」を聴き取れたのか

2011年に東日本大震災が発生してから、11日で満9年がたちました。この9年間、毎月東北の被災地を訪れ、ボランティアを続けてきた神戸国際支縁機構理事長の岩村義雄氏による講演「キリスト教と防災」の内容を一部編集して全3回に分けて掲載します。

2020年03月11日23時20分

自然を管理するスチュワード精神か、自然回帰を求めるのか 岩村義雄

自然を管理するスチュワード精神か、自然回帰を求めるのか 岩村義雄

未曾有の自然災害が毎年繰り返される今こそ、人類は自然にひざまずく時です。欺瞞(ぎまん)と暴力に満ちた市場経済の勝ち残りゲームに疲弊した現代人を慰め、癒やし、喜びをもたらすのは、「土」と共生する自然界の生き物です。

2019年11月13日23時26分

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団など

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団なども

台風19号による被害を受け、キリスト教主義のNGOやキリスト教の教団、団体などが支援金の受け付けや緊急募金を開始した。被災した教会や団体施設も多数あるとみられるが、被災の報告はまだ限定的で、被害は今後さらに拡大する可能性もある。

2019年10月15日22時04分

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

東日本大震災発生直後から支援活動を継続してきた神戸国際支縁機構が、東北で100回目となるボランティア活動を行った。この8年余りの間、阪神・淡路大震災で同じく被災した神戸から、延べ約2千人が同機構を通して東北の被災地を訪れ、活動を行ってきた。

2019年10月12日11時12分

「タキフ君を救って」 心臓の難病でバヌアツから6歳男児が治療のため来日、募金呼び掛け

「タキフ君を救って」 心臓の難病でバヌアツから6歳男児が治療のため来日、募金呼び掛け

心臓の難病を発症したタキフ・ワレ君(6)と母親のアマンダさん(38)がバヌアツから来日し、日本で治療を受けることになった。しかし、タキフ君の治療には保険が適用されないため、少なくとも800万円以上が必要となる見込みで、募金を呼び掛けている。

2018年12月13日23時09分

第1次北海道地震ボランティア(2)アイヌ資料館も被災、「土人」として差別された歴史 岩村義雄

第1次北海道地震ボランティア(2)アイヌ資料館も被災、「土人」として差別された歴史 岩村義雄

二風谷アイヌ資料館も激しい縦揺れの地震により、ショーケースは壊れ、資料館の1階はガラス片で床いっぱいになっていました。厚真(あつま)町から日高道を経て約45分車で走りますと、平取(びらとり)町に二風谷があります。

2018年09月26日6時22分

第1次北海道地震ボランティア(1)全道ブラックアウトの中を車で厚真町へ 岩村義雄

第1次北海道地震ボランティア(1)全道ブラックアウトの中を車で厚真町へ 岩村義雄

新千歳空港に降り立つと、本州と異なり、冷気が差し込みます。海外を含め、どこの被災地にも同じ服装で向かいますが、1日前、正確には2日前の中東は気温が高く、すぐに汗がにじみ出ました。北国に来た実感がしました。

2018年09月23日22時26分

神戸国際支縁機構、北海道厚真町で炊き出しボランティア実施へ 救援金も募集

神戸国際支縁機構、北海道厚真町で炊き出しボランティア実施へ 救援金も募集

神戸国際支縁機構は、6日未明の地震で震度7を観測し、大規模な土砂崩れが発生した北海道厚真(あつま)町を9日から12日まで訪問し、現地で炊き出しなどのボランティア活動を行う。活動に当たり、ボランティアと救援金の募集を行っている。

2018年09月07日21時31分

西日本豪雨でキリスト教団体も続々支援の動き 募金や現場職員を募集

西日本豪雨でキリスト教団体も続々支援の動き 募金や現場職員を募集

10日昼までに死者132人、行方不明者74人に上る被害が出ている西日本豪雨。キリスト教団体も被災地支援の動きを始めている。キリスト教系の支援団体で10日までに募金を開始したのは、神戸国際支縁機構、日本国際飢餓対策機構など6団体。

2018年07月10日17時12分

神戸国際支縁機構、倉敷市真備町に現地入り 炊き出し300食を毎日13日まで

神戸国際支縁機構、倉敷市真備町に現地入り 炊き出し300食を毎日13日まで

神戸国際支縁機構は8日午後、大雨により堤防が決壊し大規模な水害に見舞われた岡山県倉敷市真備(まび)町に現地入りし、全国各地から集まったスタッフや関係者ら7人で炊き出しを行った。炊き出しは毎日300食を13日まで行う。

2018年07月09日12時07分

倉敷市真備町の大規模冠水で千人孤立、信徒宅も被害に 近隣教会では床下浸水

倉敷市真備町の大規模冠水で千人孤立、信徒宅も被害に 床下浸水の近隣教会も

西日本を中心とした大雨により、堤防が決壊し広範囲で冠水した岡山県倉敷市真備(まび)町では、8日午前の時点で少なくなくとも千人が孤立している。イエス・キリスト倉敷福音教会(同市中島)では、真備町在住の信徒宅1軒が浸水被害に遭った。

2018年07月08日16時33分

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

東日本大震災から満7年となるのを前にした今月2日、宮城県石巻市の長浜幼稚園(後藤竜記園長)で恒例の餅つき大会が開催された。神戸国際支縁機構(岩村義雄理事長)が、震災翌年の2012年から継続して行っている「支縁活動」の1つだ。

2018年03月23日23時56分

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

神戸国際支縁機構(神戸市)の岩村義雄理事長(神戸国際キリスト教会牧師)らが2月4〜11日、隣国レバノンを訪問。シリアとの国境近くにある難民キャンプを訪れ、支援物資を配布したほか、孤児院建設に向け現地の状況を視察した。

2018年03月06日14時07分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース