万代栄嗣の記事一覧

万代栄嗣

主キリストの恵み・奥義の中を生きる 万代栄嗣

教会の中には、この世の中や社会の法則や論理とは違う、ここにしかない特別な命と特別な原理原則が存在しています。それは、単なる金もうけの損得勘定や、好き嫌い、人の注目度や話題性ではなく、神から与えられた命や聖書のお言葉に基づくものです。

2018年05月14日7時22分

万代栄嗣

神の恵みのわざに富む者 万代栄嗣

奉仕し、与え、ささげることの素晴らしさは、実は2千年間の教会の賜物です。今日の箇所で、パウロが語ったことがまさにそれです。コリントは、ギリシャの商業の盛んな豊かな町でしたが、ギリシャの北側にあるマケドニアの人々は貧しく、飢えていました。

2018年05月07日6時57分

万代栄嗣

キリスト信仰を貫く癒やしの御業 万代栄嗣

「主の恵みは朝ごとに新たである」と聖書は語っています。今日も神からの新鮮な恵みが与えられることを期待し、信仰の器で受け止めましょう!クリスチャンとして生きていくときに癒やしを頂くのは、当たり前のことであると知ってほしいと思います。

2018年04月23日10時38分

万代栄嗣

主の復活のある豊かな人生 万代栄嗣

イエスの十字架と復活からすでに2千年の年月が流れましたが、罪の赦(ゆる)し、永遠の命の約束はまったく変わりません。だから今でも世界中で福音が宣べ伝えられ、信じた者は救われ、永遠の命の希望を与えられます。

2018年04月09日14時05分

万代栄嗣

神の恵みと希望の流れに生きる 万代栄嗣

まだ肌寒い日がありますが、桜が開花しました。春にふさわしい神からの勢いある恵みを頂こうという期待感を持ち、神に生かされている者として信仰を働かせましょう。「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です」と聖霊は語っています。

2018年03月26日18時05分

万代栄嗣

天から下った命のパンを頂こう 万代栄嗣

イエスは、2千年前の歴史の中の偉大な方で、単にキリスト教の教祖で話が素晴らしかったとか、癒やしの御業をなさったというのではありません。イエスは「天から下って来たいのちのパン」であり、生きるすべての人に命を与えるお方です。

2018年03月12日21時00分

万代栄嗣

志を受けよう! 事を行おう! 万代栄嗣

神から与えられた志を持っていますか。本来、私たちは自己中心で罪深く、自分の心の中にあるものばかりを祈り求め、自らの力で自分を超える大きな志を立てられるような存在ではありません。

2018年02月26日22時46分

万代栄嗣

癒やされる信仰への成長 万代栄嗣

今日の物語は、パウロとバルナバが伝道旅行の途中、ルステラという町に行ったときの話でした。パウロたちがその町で話をしていると、この教えを聞こうと集まっている人の中に足の不自由な人がいました。

2018年02月19日20時48分

万代栄嗣

力ある祈りの回復 万代栄嗣

今年のテーマ「Brush Up! 与えられた信仰を整え直し、働かせよう!」を信仰の7原則の視点から「礼拝」「聖書の御言葉」とメッセージをしてきましたが、今日は「祈りの生活」について、力強い祈りとその恵みについて分かち合いたいと思います。

2018年02月15日13時41分

万代栄嗣

いのちの言葉をしっかり握って歩もう 万代栄嗣

与えられた信仰を整え直すには、信仰生活の7原則を見直す必要があります。先週は、まず礼拝を大切にしようとお話ししました。今日は2番目、聖書の御言葉に焦点を当てたいと思います。

2018年02月05日18時31分

万代栄嗣

主への信仰を込めた礼拝 万代栄嗣

あなたの新年度の歩みは順調ですか。今年は「Brush Up!与えられた信仰を整え働かせよう!」をテーマにしていますが、まだ1年の初めですから微調整して、この2018年が祝福に導かれる日々となるよう整えていきましょう。

2018年01月30日17時00分

万代栄嗣

聖書が語る約束の癒やし 万代栄嗣

今日のヤコブの手紙は、教会の兄弟姉妹たちに信仰の手引きとして書かれ、「信仰」とは具体的で現実的で、生きて働くものであることを教え、信じて行動しようと励ましています。私たちの信仰も生きて働くものにしましょう。

2018年01月15日11時27分

万代栄嗣

共におられ、導かれる主 万代栄嗣

「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません」(詩篇23篇1節)。人は、神の創造の初めから、1人で生きていくようには造られていません。人々との交わりの間に生きています。1人では生きていけない弱い私たちに、神様は最も大切な恵みを与えてくださいました。

2018年01月08日7時52分

万代栄嗣

もしもクリスマスがなかったら・・・! 万代栄嗣

ちょっと想像してみましょう。もしも世界にクリスマスがなかったなら?と。クリスマスプレゼントもなく、家族や愛する人々との温かみのある日々はなく、年の瀬を、ただ忙しく終わっていたかもしれません。

2018年01月01日8時25分

万代栄嗣

光として来られた主キリスト 万代栄嗣

神を信じ、信仰を持って生きていくということは、私たちの命、存在そのものの根本、一番大切なところに関わる神からの恵みであることを知りたいと思います。今日の聖書箇所、特に46節に記されている2つの基本的な事実を認めておきましょう。

2017年12月25日7時37分

万代栄嗣

低きに下られた癒やし主! 万代栄嗣

イエスがお生まれになったとき、家畜が住む場所でそのえさ箱に自らの命を横たえられました。王宮でも高貴な血筋の家でも、庶民でもなく、この世で最も低いところにイエスがご自分の命を生み落とされるようにしてくださいました。

2017年12月18日12時00分

万代栄嗣

クリスマスの事実! 万代栄嗣

Christmas(クリスマス)は本来、Christ(キリスト)と、Mas(祝いの時・儀式=お祭り)の合わさった言葉です。クリスマスは、イエスの誕生をお祝いする心を込めた礼拝です。ここでクリスマスの意味を確認しておきましょう。

2017年12月16日11時53分

万代栄嗣

闇に光をもたらす救い主 万代栄嗣

このイザヤ書は、イエスが誕生する700年も前に書かれた預言書でありながら、後に現れるであろう、救い主イエス・キリストのことが記されています。預言者イザヤの生きた時代は、数多くの敵が存在し、イスラエル王国は危機状況にありました。

2017年12月04日22時20分

万代栄嗣

あなたを変えるキリストとの出会い 万代栄嗣

これから私たちの社会の中でより大切になるのは、何か必要があれば、その当事者と直接出会うことです。特に、救い主イエス・キリストと実際に出会うこと、これが本当に大切なのです。

2017年11月28日13時55分

万代栄嗣

キリストにあって1つにされる 万代栄嗣

聖餐式は、単なる儀式ではなく、救い主イエス・キリストと私たちの絆そのものです。言葉でのコミュニケーションだけでなく、命と命がつながる何よりも強い関わり合いがイエスとの間に与えられていることを感謝したいと思います。

2017年11月13日6時13分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース