四国学院大「被差別少数者」推薦枠で論議

2005年5月11日17時00分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

キリスト教系の私立大学、四国学院大(末吉高明学長、香川県善通寺市)が実施する特別推薦入学選考の中で「被差別少数者」枠があり、「沖縄人(ウチナーンチュ)」も出願資格の条件となっている。在日韓国人や在日朝鮮人、アイヌ民族、奄美諸島出身者も併せて記載されている。

同大は「根深い社会的差別のなかで大学教育を受ける権利を制限されてきた人々への格差是正処置の一つ」と説明しているが、人権の専門家や受験生を持つ父母の中には「違和感」を指摘する声もある。

「被差別少数者」の枠は1995年度の入試から設け、募集は5人程度。同大のホームページでは、ただし書きとして「疑義および議論の余地はあるが、主に日本全体の差別構造の中で、沖縄および奄美諸島が占めてきた被差別の位置という意味でこの語を用いる」としている。

同大によると、これまで県出身者が「被差別少数者」枠を活用して入学したことはあるが、人数などは明らかにしていない。

「被差別少数者」枠について、沖縄人権協会の永吉盛元事務局長(弁護士)は「あきれる。沖縄県民や朝鮮人も含め、誰もが教育を等しく受ける権利は、憲法で保障されている。大学側には『救済』の意図があるかもしれないが、その考えこそ差別的だ」と、問題を過度に意識するあまり逆効果になる可能性を指摘した。

枠を設ける際に相談を受けたという元沖縄キリスト教短大学長の平良修氏は「出願資格にウチナーンチュを加えても、加えなくても反論はあるだろう。と答えた」と振り返り「歴史をきちんと見つめ、まじめな姿勢で取り組んでいると思う。この制度で入学した生徒の生き方が問題だと思う」と話し、この制度を高く評価していることを明らかにした。

同大は1949年10月20日、プロテスタントに属する米国南部長老教会の宣教師、J. A. マカルピンさん、W. A.マキルエンさん、L. W. モーアさんと、日本人クリスチャンによって、福音主義信仰にたつ高等教育機関「四国基督教学園」という名称で設立されていた。1959年1月に学校法人認定を受け四国学院大学となった。

同大では23日から一週間「マイノリティ・ウィーク2005」を開催する。様々なマイノリティ(被差別少数者)が直面する問題や今後について考えるために行うとのこと。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング