聖書の人物にちなんだ名前、「常用漢字でない」と受理されず最高裁へ

2009年11月2日15時26分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

 名前に「玻(は)」という漢字を入れた娘の出生届を名古屋市が「常用・人名用漢字ではない」などとして受理しなかったのは不当として、同市在住の両親が受理を求めた裁判で名古屋高裁は10月27日、訴えを退ける判決を下した。共同通信が伝えた。



 出生届受理の可否が争われている名前は「玻南(はな)」ちゃん。旧約聖書に出て来る預言者サムエルの母「ハンナ」と、「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」ということわざから命名したという。



 玻南ちゃんは生後11カ月を迎えた現在も未だに戸籍がないままとなっており、両親は4日にも最高裁に抗告する。



 名古屋高裁は「明らかに常用平易と認められない以上、戸籍上で使えないことはやむを得ない」と判決を下したが、両親は「子どもをおとしめる文字ではなく、意味のない当て字をしたわけでもない。思いを込めた名前を付けてあげたい」と訴えている。



 玻南ちゃんには4人の兄弟がおり、長女の瑠都(るつ)さん(16)など全員が聖書の登場人物に由来しているという。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング