東京基督教大学、男子寮で1人が新型インフル感染

2009年9月12日16時24分 印刷

東京基督教大学(千葉県印西市、倉沢正則学長)で8日、男子寮の寮生1人が新型インフルエンザに感染していることが確認された。感染が確認された学生は現在自宅療養中。同大学は、学生にマスク着用や教室の換気を頻繁に行うよう対策を呼びかけている。

同大学は10日、学内で新型インフルエンザへの感染が確認されたことをウェブサイト上で発表した。外出時も電車内などではマスクを着用し、うがい、手洗いを徹底するよう注意を呼びかけている。一方、休校になった場合でも授業はオンラインで行うとしており、学生には連絡に注意するよう求めている。

新型インフルエンザの世界的な流行を受けて、同大学では5月に対策本部(本部長:倉沢学長)を設置。事前に取り決めていた鳥インフルエンザを想定した対応策では、「関東圏及び国内の大都市で1人でも新型インフルエンザの発生が確認されたら休校」「休校の場合、全寮生は退寮」としていたが、感染確認後の状況をみて休校については判断するとしていた。

同大学では8月、キャンプに参加した学生が新型インフルエンザと診断されたが、症状が軽く、同大学の発表時にはすでに回復していた。

国立感染症研究所の11日の発表によれば、6日までの1周間でインフルエンザに感染して受診した推計患者数は約15万人で、ほとんどが新型と見られている。前週の約14万人、前々週の約15万人から横ばいの状態が続いている。一方、世界保健機関(WHO)の発表によれば、新型インフルエンザによる死者数は11日の時点で、世界で3000人を突破した。国内では疑い例を含めて13人が死亡している。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース