ギリシャ正教の司祭、教会前で撃たれ重傷 フランス・リヨン

2020年11月2日00時16分 印刷
+フランス・リヨン
事件があったフランス南東部のリヨン(図:Superbenjamin)

フランス南東部のリヨンで10月31日、ギリシャ正教の司祭(52)が教会の前で何者かに至近距離から銃撃される事件があった。司祭は重傷。容疑者は一時逃走したが、当局は目撃証言に似た人物を拘束し、事件との関連を調べている。

米CNN(英語)によると、容疑者は長い黒いコートにニット帽姿で、コートの中にショットガンを隠し持っていたとみられている。近隣住民とリヨン市警のパトロール隊が2発の銃声を聞き、容疑者と見られる人物が走り去るのを見た後、教会の裏口で負傷した司祭を発見したという。

共同通信によると、司祭はギリシャ国籍で、教会の出入り口を閉めようとしていたところ、腹部を撃たれた。目撃証言に似た人物は拘束時、銃は所持していなかった。当局はテロの可能性を排除していないが、個人トラブルの可能性に重点を置いて捜査を進めているという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース