フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる

2020年10月29日23時11分 印刷
+フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる
襲撃を受けたフランス南部ニースのノートルダム大聖堂=29日(写真:ニースのクリスチャン・エストロジ市長のツイッターより)

フランス南部ニースで29日午前9時(日本時間同午後5時)ごろ、刃物を持った男がカトリック教会を襲撃し、少なくとも3人が死亡、数人が負傷した。ニースのクリスチャン・エストロジ市長はテロとの見方を示している。ロイター通信などが伝えた。

同通信によると、死亡した3人のうち女性1人は首を切断されたとされている。エストロジ氏のツイート(フランス語)によると、3人のうち2人は教会内で殺害された。

襲撃があったのはニースのノートルダム大聖堂。犯人の男は逮捕された際、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだと伝えられている。事件後には、エマニュエル・マクロン大統領も現場に急行した。

フランスでは、2015年にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことで襲撃を受け、社員12人が殺害された風刺週刊紙「シャルリー・エブド」が9月2日、再びムハンマドの風刺画を掲載。この後、25日にはシャルリー・エブド紙の旧本社前で男女がパキスタン人の男に切り付けられる事件が発生。今月16日には、風刺画を生徒に見せた中学校の男性教員が、チェチェン人の男に首を切断されるなど、テロ事件が相次いでいる。

ローマ教皇フランシスコは29日、ツイッター(英語)にニースの事件に関するコメントを投稿。「祈りと慰めの場(教会)に死の種をまいた事件を嘆きつつ、ニースのカトリック・コミュニティーに寄り添います」と述べ、「犠牲者と遺族、また愛するフランス国民のために祈ります。彼らが悪に善で応じることができますように」と伝えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース