世界宣教祈祷課題(10月4日):ウズベキスタン

2020年10月4日07時15分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(10月4日):ウズベキスタン
ウズベキスタンの古都サマルカンド(写真:Gilad Rom)

ウズベキスタン政府は、目下すべての宗教活動を政府の厳格な監督下に置くために、新しい宗教法改正案を起草している。

この法案では、新たな教会を登録し礼拝することが非常に難しく、伝道し、信仰を共有することも不可能に近い。この法案がターゲットとしているのは、実はキリスト教会だけではなく、むしろ過激化するイスラム教の取り締まりを主眼に置いている。しかし「イスラムとキリスト教を平等に扱わなかった」と非難されるのを恐れた世俗的イスラム色の強い現政権は、すべての宗教を政府の強い監視下に置き「平等」をアピールする形で、新宗教法の導入を図っている。

ウズベキスタンでは、イスラム教は宗教的実践というよりも、文化的なアイデンティティーを担っている傾向が強い。

残念だが、この国ではキリスト教徒への迫害がしばしば起きる。にもかかわらず同国の教会は、コロナ禍を背景に、食料のみならず、それと一緒に福音を分かち合う機会を得て、人々の必要に届いており、そのような教会の努力に対して、なんとウズベキスタン政府は感謝をしているという。

彼ら兄姉らの愛の奉仕が、ますますウズベキスタンで用いられ、救霊の実を結ぶように祈っていただきたい。

■ ウズベキスタンの宗教人口
イスラム 84・9%
プロテスタント 0・4%
カトリック 0・01%
無神論者 13・8%
正教会関係 0・3%
ユダヤ教 0・2%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース