スイスで「国家祈祷日」 コロナ禍の中、千人が屋外で祈りささげる

2020年8月4日16時06分 印刷
+スイスで「国家祈祷日」 コロナ禍の中、千人が屋外で祈りささげる
国家祈祷日のイベントで、スイス国内の各州の州旗を持った代表者が円になって祈りをささげている様子=1日、スイス・アールガウ州ブルックで(写真:Priere pour la Suisseのフェイスブックより)

スイス北部アールガウ州の町ブルックの屋外会場に1日、約千人のクリスチャンが集まり、国のために祈りをささげた。この日はスイスの「国家祈祷日」で、今年は「岩の上に建てる」がテーマ。欧州の福音派メディア「エバンジェリカル・フォーカス」(英語)が3日、伝えた。

主催する「スイスのための祈り」の代表であるハンズ・ペーター・ラング氏は、開催前のビデオメッセージで、「私たちは、私たちの国のために、そして神に赦(ゆる)しを求めるために立ち上がりました。それが今年の祈りの日の焦点です。神の御言葉という岩の上に建てるのは、私たち自身です」と述べ、参加を呼び掛けていた。

また「スイスのための祈り」の広報担当者であるエリザベス・アブト氏は、スイスのニュースサイト「ライブネット」に対し、「私たちは世の中が提供する安全やプログラム、その他のものにより頼むのではなく、神の言葉に立ち返りたいのです。そして私たちの人生は、砂ではなく岩の上に建てられるべきなのです」と、今年のテーマについて語っていた。

新型コロナウイルスの感染防止のため、アールガウ州ではイベントの参加者数が最大千人までに制限されていることから、国家祈祷日も今年は参加者数を千人までに制限し、事前登録制にして行われた。またイベントは屋外で行われたが、参加者はマスクの着用が強く推奨され、さらに約100人ごとのグループに分かれるなどの感染症対策をしながら、祈りをささげた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース