不二家のペコちゃんがワールド・ビジョンの「チャイルド・スポンサー」に

2020年7月12日16時26分 印刷
+不二家のペコちゃんがワールド・ビジョンの「チャイルド・スポンサー」に
不二家のペコちゃん70周年特設ページには、ペコちゃんがワールド・ビジョン・ジャパンの「チャイルド・スポンサー」になったことに関する動画もアップされている。

世界の子どもたちを支援するキリスト教主義の国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は10日、不二家のマスコットキャラクター「ペコちゃん」が「チャイルド・スポンサー」になったと発表した。

WVJの推進する「チャイルド・スポンサーシップ」は、途上国の子どもたちが未来へ希望を持って健やかに成長できるよう、地域の貧困解決を目指す支援プログラム。チャイルド・スポンサーからの月々4500円の支援金で、教育、保健・栄養、水衛生などさまざまな事業を長期間にわたって行い、子どもを取り巻く環境の改善を目指す。チャイルド・スポンサーになると、支援地域に住む「チャイルド」が1人紹介され、文通することや現地に会いに行くことも可能だ。

ペコちゃんは1950年に不二家の店頭人形としてデビューし、今年で生誕70周年を迎える。ペコちゃんの70周年アンバサダーを務める女優の酒井美紀さんが、WVJの親善大使でもあることから、今回70周年記念としてペコちゃんがチャイルド・スポンサーになることが決まった。ペコちゃんは、ウガンダ、コンゴ民主共和国、スリランカ、タンザニア、フィリピンに住む10人の子どもたちを支援することになる。

WVJによると、ペコちゃんは「いつかペコも、チャイルドに会いに行って、現地での生活ぶりを見られるといいなって思ってるんだ!」と意気込みを語ってくれたという。不二家のペコちゃん70周年特設ページはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース