キリストの十字架の贖いに立ち返ろう 万代栄嗣

2020年6月22日10時04分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。(1ペテロ2:22~25)

私たちにはさまざまな生活の変化がありますが、イエス様はいつも変わらず新鮮な恵みをもって私たちに触れてくださる救い主であることを感謝します。コロナウイルスの感染予防に最大限の対策をしつつ、新しい生活様式に、日常生活をリセットしていきましょう。以前の生活習慣から必要でないものを省き、必要なものを柱とした新たな生活環境を整えてまいりましょう。私たちクリスチャンは、信仰をその柱とし、信仰生活の7原則(礼拝、聖書、祈り、献金、奉仕、伝道、交わり)を霊的な栄養素として、土台を整え直してまいりましょう。イエス様は、私たちを罪の力から救ってくださる真の救い主です。そして、弱さや不安、恐れ、霊的な問題から解放してくださるお方です。

ペテロの手紙には、迫害の中にある教会に働き掛けて励ましたペテロの信仰の基本がまとめられており、今日の聖書箇所には、イエス様の救いの素晴らしさと、救いに伴う癒やしの力強い約束が記されています。3つのポイントを確認しておきましょう。

1. 救いの御業を受け入れる

命の与え主である父なる神により、私たちのために整えられている救いの御業があることを受け入れましょう。イエス様は、神のご計画に従い、私たちの罪の代価として十字架の上でご自分の命をささげて死なれました。神様はどのようなことをしてでも、すべての人々を救おうとしてくださっているのです。私たちはクリスチャンとしてただ漠然と生きるのではなく、偉大な神様の深いご計画の中で私たちが生かされていることを感謝したいと思います。

2. 罪の身代わりは、私のため

イエス様の救いのご計画は全人類のためだとありますが、具体的には、この私のための救いです。罪ある欠点だらけの私が、神の子どもとして罪から離れ、義なるいのちに生きるために、イエス様は救いを実現してくださいました。このことを感謝します。

イエス様を信じる信仰は、私たちが救われるためであり、神による新しいいのちを頂くことができることを覚えたいと思います。この2020年6月の私たちの歩みの中にも、イエス様の救いの御業を実体験することができる祝福を頂きましょう。

3. 救いの中に癒やしの力が今も働く

私たちのための救いの中には、癒やしの力が今も働いていることを覚えたいと思います。イエス様が十字架で流された血潮によって私たちの罪が清められるのと同時に、イエス様の血潮が私たちの病を洗い流してくださり、病の力からも解放されて癒やされることを感謝します。

私たちの人生に大きな影響を与えるものが、目に見えないコロナウイルスの存在ではなく、十字架の上で私たちのために命まで捨てられたイエス様でありますように。同じように目には見えませんが、ウイルスとは比べられないくらい、天地宇宙をつくられた神の愛のスケールはあまりに大きいのです。その神の愛と十字架の救い、癒やしの力が、私たちの人生に影響を及ぼすものであると告白しながら、新たな日常の中で歩んでまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース