世界福音同盟、次期総主事の公募開始

2020年6月1日11時00分 印刷
+世界福音同盟(WEA)

世界福音同盟(WEA)は5月28日、次期総主事の公募を開始したと発表した。本人による応募の他、推薦も可能で、候補者を8月31日まで募る。11月までに選出し、選出者は来年初めから新総主事として職務に就くことになる。

現職のエフライム・テンデロ監督(フィリピン)は今年2月末で5年の任期が満了する予定だったが、昨年11月にインドネシアで開催された総会で、円滑な人選と移行のため、任期が1年延長されていた。

WEA国際理事会(IC)議長で選考委員の一人であるグッドウィル・シャナ牧師(ジンバブエ)は加盟団体に送った書簡で、選考と任命のプロセスについて概略を説明。テンデロ氏に対しては、これまでの誠実な奉仕に感謝を示した。

WEAは1846年に設立されたプロテスタント福音派の世界組織で、134カ国の各国福音同盟、9地域の地域福音同盟のほか、150余りの諸団体が加盟。6億人を超える福音派クリスチャンを代表する組織として活動している。

詳細は、公募用の特設ページ職務記述書(いずれも英語)を。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース