キリスト教NGOが医療・福祉施設に除菌水の無料配布 お礼のメッセージ次々と

2020年5月18日16時51分 印刷
+キリスト教NGOが医療・福祉施設に除菌水の無料配布 お礼のメッセージ次々と
東京都の託児所に送る子ども用マスクと微酸性電解水を手にするスタッフ(写真:オペレーション・ブレッシング・ジャパン提供)

新型コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、キリスト教国際NGO「オペレーション・ブレッシング・ジャパン」(宮城県富谷市)が除菌効果の期待できる微酸性電解水(次亜塩素酸水)を生成し、全国の医療機関や福祉施設を対象に無料で配布する取り組みを行っている。4月19日からの約1カ月間で、すでに全国430カ所以上に配布し、お礼のメッセージが次々と届いている。

オペレーション・ブレッシングは米バージニア州に本部がある団体で、日本では東日本大震災の発生直後から東北で活動を開始。津波の被害を受けた地元の漁師たちに漁船を提供したり、地元の住民のために放課後児童クラブやゴスペル教室を開設したりするなど、被災者の暮らしに直結する支援事業に取り組んできた。

代表のドナルド・トムソンさんは、オペレーション・ブレッシングが以前、西アフリカのリベリアでエボラ出血熱の対策支援として次亜塩素酸水を生成していたことから、国内の専門業者を探し、高い殺菌力を持つと同時に人体に無害な次亜塩素酸水を短時間で生成する装置を用意。スタッフが手作業でボトルに詰め、マスクを添えて要請のあった全国の施設に届けている。

キリスト教NGOが医療・福祉施設に除菌水の無料配布 お礼のメッセージ次々と
専用の装置で生成した微酸性電解水を手作業でボトルに詰めるスタッフ(写真:同上)
キリスト教NGOが医療・福祉施設に除菌水の無料配布 お礼のメッセージ次々と
ボトルの梱包発送作業。使用法の説明書と使用時に使うスクロール試験紙を同封し、要請を受けた施設に配送する。(写真:同上)

施設からはお礼のメッセージが次々と寄せられた。「近頃では電解次亜水やエタノールなどの消毒液がどこも不足していてなかなか手元に届かず、在庫も不足気味でしたので本当に助かりました」(愛知県・デイサービス事業所)。「マスクに始まり除菌液、アルコール、手袋などがどんどんなくなり、大変困っておりました。この度は本当にありがとうございます! この除菌水を通して利用者さんにも安心を分けて参ります」(大阪府・福祉事業所)。どのメッセージからも、感染を防ぐ資材が不足していく中で、切迫していた現場の状況が伝わってくる。

トムソンさんは、「予想はしていましたが、現場で働く皆さんがどれだけ困っていたかをあらためて知って驚いています。除菌水の生産能力は十分にありますので、より多くの寄付を頂ければもっと多くの施設に届けることができます。新型コロナウイルスから福祉と医療の現場を守るために、ぜひ支援してほしい」と話す。

寄付は、オペレーション・ブレッシング・ジャパンのホームページで受け付けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース