新型コロナで宗教者が「励笑(はげみ)プロジェクト」 毎週水曜の祈りも

2020年4月10日23時46分 印刷
+新型コロナで宗教者が「励笑(はげみ)プロジェクト」 毎週水曜の祈りも
「励笑(はげみ)プロジェクト」の写真メッセージを募集する案内

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな取り組みとして、テレビ会議による祈りの集い「祈りをつなぐ水曜日」を毎週開催することと、心温まる写真メッセージで思いをつなぐ「励笑(はげみ)プロジェクト」を開始したと発表した。

「祈りをつなぐ水曜日」は、毎週水曜日の午後1時から20分程度、インターネットのテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、国内の宗教者が参加して行う。WCRP国際委員会が1日、同システムを使って世界の宗教者が参加する祈りの集いを開催したことを受けてのもの。この集いには、キリスト教からも、正教会やカトリック教会、ノルウェー国教会の代表者が参加した(関連記事:世界の宗教者、ネットテレビ会議使い連帯の祈り 新型コロナ拡大で)。国内の集いでは、毎回2、3人の宗教者が出演し、それぞれ5分程度の祈りやメッセージを発信した後、参加者全員で新型コロナウイルスの早期終息と一人一人の幸福を願い、黙とうをささげる。

第1回は15日午後1時からの開催を予定している。出演する宗教者は、いずれも日本委員会の青年幹事で、伊勢神社(栃木県足利市)禰宜(ねぎ)の提箸(さげはし)照之氏、石鎚山真言宗教学部長の村上泰教(たいきょう)氏、カトリック主体の国際運動「フォコラーレ運動」のマリアアントニェッタ・カズッリ氏。

「励笑プロジェクト」は、新型コロナウイルスの感染拡大により、社会にさまざまな影響が出ている中、互いに励まし合い、一人一人が前向きに明るく生きていけるよう、祈りを込めた写真メッセージを募集し、発信する取り組み。寄せられた写真メッセージは、随時動画としてまとめられ、WCRPのホームページやSNSなどを通して広く社会に発信していくという。

写真データは、JPEGまたはPNGの形式で1MB以内のものを日本委事務局(メール:rfpj-info@wcrp.or.jp)まで。また、祈りの集いへの参加は、事前の登録が必要。登録はこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース