バチカン元財務長官のペル枢機卿、性的虐待裁判で逆転無罪

2020年4月8日14時40分 印刷
+バチカン元財務長官のペル枢機卿、性的虐待裁判で逆転無罪
ジョージ・ペル枢機卿=2012年(写真:Kerry Myers)

オーストラリアの連邦最高裁は7日、1996年に聖歌隊の男子児童2人(いずれも当時13)=1人はすでに死亡=に性的虐待を働いたとして、罪に問われていたバチカン(ローマ教皇庁)元財務長官のジョージ・ペル枢機卿(78)の上告審で、下級審による実刑判決を判事7人全員一致で破棄し、無罪を言い渡した。収監されていたペル枢機卿は同日、釈放された。バチカン・ニュース(日本語版)などが伝えた。

ペル枢機卿をめぐっては、メルボルン地裁が2018年12月に有罪とし、禁錮6年の実刑判決を言い渡し、19年8月の控訴審でも、ビクトリア州最高裁が同地裁の判決を支持。ペル枢機卿の控訴を棄却していた。ペル枢機卿は一貫して無罪を主張し、連邦最高裁に上告していた。

英BBC(日本語版)によると、連邦最高裁は判決で、陪審は証拠を合理的に扱ってはいたものの、すべての証拠を十分に検討しなかったとし、ペル枢機卿の有罪については疑念を抱くべきだったとした。

ペル枢機卿は同国のカトリック教会では最高位を務め、2014年にはローマ教皇フランシスコの任命により、バチカンで3番目の地位に当たる財務長官に就任した。性的虐待で訴えられたカトリックの聖職者としては最高位の人物で、昨年2月に有罪が公表された後には、財務長官の肩書を剥奪されていた。

判決後の声明でペル枢機卿は、これまで受けた不正義が「是正された」としたが、「告発者を悪く思う気持ちはない」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース