韓国・釜山の教会で新型コロナ感染者22人 一部は「新天地」所属か

2020年2月25日19時23分 印刷
+韓国・釜山の教会で新型コロナ感染者22人 一部は「新天地」所属か
新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛ける横断幕が掲げられた韓国ソウル市内の様子=22日(写真:Bonnielou2013)

新型コロナウイルスの感染者22人が出ている韓国・釜山のオンチョン教会(ノ・ジョンガク牧師、大韓イエス教長老会〔高神〕)の関係者は25日、感染者のうち一部がキリスト教の異端である「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」(新天地)に所属している可能性が高いことを明らかにした。韓国では同日午前9時までに893人の感染者が確認されているが、その半数以上が新天地の関係者。新天地は、既存のキリスト教会に信者を侵入させる布教方法で警戒されている。

韓国クリスチャントゥデイ(韓国語)によると、オンチョン教会の緊急対策チームの関係者は同日、「感染確定者の何人かが、新天地所属であることを確認できる内容があることが分かった」と明らかにした。当事者に対しては、新天地所属の有無を確認しているが、所属を認めることを「まだ躊躇(ちゅうちょ)している」状況だという。

別の関係者も「教会で独自の調査が行われており、感染確定者のうち1人以上が新天地関係者であることが把握されている」とコメント。新天地に所属していることを十分合理的に疑うことのできる状況があると話している。緊急対策チームは現在、該当者の名簿を市当局と関連機関に提出して確認作業を行っており、韓国の疾病管理本部と対応を協議中だという。

オンチョン教会は、21日に感染者が確認された後、礼拝堂を閉鎖し防疫作業を実施。信徒らを感染者から隔離する措置を取り、日曜日の23日は録画した説教動画をインターネットで配信する「オンライン礼拝」で対応した。

新天地は、教祖の李萬熙(イ・マンヒ)が1984年に設立。新約聖書の「ヨハネの黙示録」に出てくる「14万4千人」に選ばれた者のみが救われると教えたり、李を「永生不死の再臨のメシア」と教えたりしているとされている。設立当初は小規模なグループだったが、その終末思想や、既存のキリスト教会に信者を送り込み、信徒を引き抜いたり、教会を乗っ取ったりする布教方法で教勢を拡大。現在の信者数は23万人に上るとされている。韓国基督教総連合会(CCK)は2015年、「新天地は反社会的であり、深刻な異端似非集団」(韓国語)とする声明を発表するなどして、警戒を呼び掛けている。

韓国の保健福祉省(韓国語)によると、韓国内の感染者893人のうち499人が南東部の大邱(テグ)で発生(25日午前9時現在)しており、その多くが新天地の大邱教会関連。また、李の故郷である大邱南部の清道(チョンド)にある清道テナム病院では、患者や医療関係者113人が感染し、これまでに6人が死亡。同病院では1月31日から2日間、李の兄の葬儀が行われ、多数の信者が参列していたと報道されており、新天地の信者を介しての感染も疑われている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース