イスラム過激派が礼拝中の教会襲撃、牧師含む24人死亡 ブルキナファソ

2020年2月20日11時49分 印刷
+ブルキナファソ
ブルキナファソの教会(写真:Khym54)

西アフリカのブルキナファソで16日、礼拝中の教会がイスラム過激派に襲撃され、牧師1人を含む24人が死亡、18人が負傷した。

AFP通信(英語)によると、襲撃されたのは同国東部ヤガ県のパンシ村にあるプロテスタント教会。事件発生時、教会では日曜礼拝がささげられていた。地域の行政長官であるサルフォ・カボレ大佐は同通信に、「武装したテロリスト」の一団が村に押し入り、非居住者と区別した上で地元の人々を攻撃したと述べた。

パンシ村のあるボンドーレ市のシハンリ・オサンゴラ・ブリガディ市長は、米ABC(英語)に対し、銃を持った約20人が教会を襲ったと語った。負傷者数人が搬送された事件現場から約180キロ離れた病院を訪問したブリガディ氏は、「心が痛みました」と語った。

匿名を条件にABCの取材に応じた政府関係者の話によると、この事件ではキリスト教徒だけでなくイスラム教徒も殺害され、教会は放火されたという。また、武装グループは未成年者3人を拉致し、近隣の店からも米などを強奪していった。

近隣住民の話によると、近くの町セバには、襲撃を受けたパンシ村の人々が避難してきたという。

ブルキナファソや周辺のニジェール、マリでは、2016年以降、イスラム過激派による襲撃事件が相次いでいる。ムハンマド・イブン・チャンバス国連事務総長特使(西アフリカ・サヘル地域担当)が中東の衛生テレビ局「アルジャジーラ」(英語)に語ったところによると、この3国におけるイスラム過激派による昨年の犠牲者は4千人を超える。これは、それ以前の3年間に殺害された約770人の5倍に相当する。特にブルキナファソで犠牲者が急増しており、16年の死者は約80人だったが、昨年は1800人以上が殺害された。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース