過激派が大規模襲撃、国内の全クリスマス行事「中止」 ブルキナファソで死者120人超

2019年12月26日22時03分 印刷
+ブルキナファソの首都ワガドゥグー
ブルキナファソの首都ワガドゥグー中心部の様子=2012年

西アフリカのブルキナファソ北部で24日朝、イスラム過激派が軍の基地などを攻撃し、民間人35人を含め120人以上の死者が出る襲撃事件が発生した。ロック・カボレ大統領はこれを受け、25日から2日間、国民に対し喪に服するよう呼び掛け、国内のクリスマス関連行事はすべて中止された。

AFP通信などによると、ブルキナファソ北部スム県アルビンダで24日朝、イスラム過激派の武装勢力200人以上がバイクに乗って、軍の基地を襲撃。激しい戦闘になり、兵士側は7人が死亡、約20人が負傷し、武装勢力側は80人が死亡した。

空軍の支援を受けた部隊などが武装勢力を撃退するまでに約3時間かかったという。さらに武装勢力は逃走時、近くにいた民間人も攻撃し35人が死亡。このうち31人は女性で、井戸で水くみなどをしていたところ犠牲になったという。

これまでのところ犯行声明は確認されていないが、ブルキナファソでは国際テロ組織「アルカイダ」や過激派組織「イスラム国」(IS)と関連のある武装勢力がこうした襲撃を行っているという。

ブルキナファソでは今月1日にも、東部コモンジャリ県で教会が武装勢力に襲われ、子どもと司祭を含む14人が死亡する事件が発生している。

世界教会協議会(WCC、英語)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は、今回の襲撃事件が、ブルキナファソでは過去5年で最も多くの死者を出した事件であることに振れつつ、犠牲者の遺族に哀悼の意を示した。

「このようなひどい襲撃により、平和の君の誕生を祝う時節のただ中においても、多くの地域社会では紛争と暴力が日常的な現実であることを思い知らされます。この襲撃による犠牲者とその遺族のために、ブルキナファソのすべての人々、またサヘル地域に住むすべての人々のために祈ります。このような残虐行為から守られ、恐怖の世界から自由になれますように」

救世軍、活動国・地域が130に ブルキナファソで8月から公式スタート
ブルキナファソはマリ、ニジェール、コートジボワール、ガーナなどの国に囲まれた西アフリカの内陸国

西アフリカでは、2012年にマリ北部でイスラム過激派が勃興して以来、隣接するブルキナファソやニジェールなど、サハラ砂漠南側のサヘル地域で襲撃事件が相次いで発生している。ブルキナファソでは15年から過激派の活動が活発化し、国連によると同年以降、700人以上が死亡、約56万人が避難生活を強いられている。

日本の外務省によると、ブルキナファソの人口は約1900万人で、国土は日本の約7割。宗教は人口の約6割が伝統宗教、約3割がイスラム教だが、キリスト教も約1割を占めている。一方、中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」(英語)は、同国ではイスラム教が多数派で、キリスト教は約2割を占めると伝えている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース