闇から光へ~的外れからの解放~(98)主の御声に聞き従う 佐伯玲子

2019年11月18日23時28分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

クリスチャンになって、あらゆる面で価値観が大きく変わっていきました。信仰の過程で、思い違いや行き過ぎなどでつまずくこともありますが、どんな時もただ主だけを仰ぎ見て、主に祈り求め、その御声に聞き従い前進するように努めています。

子どもの頃、「どれにしようかな♪神様の言う通り♪」と歌いながら物事をよく決めたものですが(あの歌の由来が聖書的かどうかは別として)、人生は毎日が「選択」の連続です。大きなことから小さなことまで本当にいろいろあります。しかし、どんなことでも自分の思いだけで決めては真の祝福から離れ、繁栄しないのだと実感しています。主の御心だけが自分の人生に成就してこそ、真の喜びがあり、その「実」(選んだ道)はよく育ち、また多くの良い実を付け、大収穫を得る。だから、一見良さそうな話(依頼や提案など)が舞い込んだとしても、まず主に祈り、よく吟味する。さらに、所属教会の牧師先生、リーダーたちに確認を頂く。これは、とても大切なことだと思います。

「にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。 あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです」(マタイ7:15〜20)

主の御心でないものに進むと必ず問題が発生し、途中で崩壊する。振り返ると、ノンクリスチャン時代はその連続でした。しかし主は、ずっと守り、導いてくださっていたことに気付きました。幾つか前の回で、「新しいユニットを立ち上げるたび、問題が生じ、すぐ潰れた」というエピソードをお伝え致しましたが、その原因の一つは“ユニット名だった”と悟りました。

ホリプロを辞めてすぐ立ち上げたのが、「La.ピンキーアマテラス」。もちろん「アマテラス」は、天照大神(あまてらすおおかみ)を指し、墓信仰Xも信仰していた日本神道の主神として崇められている「神々」の一つ。あやかるつもりで名付けましたが・・・「あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない」(出エジプト20:3)に背いており、しかも、「ピンキー(桃色の)!」何ともセクシャルなイメージで、完全アウト! 旗揚げ公演直後、解散しました。

次に結成したのが、奥様女優ユニット「サ・マ・ン・サ」です。名前自体に問題は無いのですが、イメージがTV「奥さまは魔女」の主人公「サマンサ」で、コンセプト全体に“魔女”のイメージを網羅。せっかく大手プロダクションの放送作家の方がプロデューサーを引き受けてくださったにもかかわらず、2作目の公演で解散。

次に結成したのが「Ki-mo-no.3(きものさん)」・・・「目指せ!世界進出!」とばかりに、和洋折衷の世界観を押し出し、作詞も担当。アレンジにも加わり、2回のライブも満員御礼。2枚のアルバムをリリースするも、私が妊娠出産。それでもすぐに復帰し、育児をしながら活動できる方法を提案し、継続に努めましたが、結局解散。内部に、人々を操作する“イゼベルの霊”や、コミュ二ケーションをおかしくする“レビヤタンの霊”が最も働いたユニットだったと思います。なぜなら、Ki-mo-no.3 の場合、歌が、X教教理に基づいた歌詞が多く、知らず知らずのうちに“悪魔”を喜ばせていたのでした。

「名は体を表す」と言いますが、名前は本当に大切だと思います。主が「アブラム」を「アブラハム」に改名され「多くの国民の父」となったように、「サライ」が「サラ」に改名され「国々の母」となったように・・・名前を“呼ぶ”音の波動が、状況に影響する。創造主なる父なる神は、「無いものを有るもの」のように“呼ばれ”、万物を造られた。神の似姿に造られた人間も、同様の力を頂いている。科学の実験で「良い言葉をかけた水の結晶は美しい形になり、悪い言葉をかけた結晶は醜い形になる」ことも立証されています。すべて、呼ばれるもののようになっていくんですね。

潰れたユニットのメンバーは、決して悪くありません。皆一人一人、素晴らしい賜物の持ち主でした。感謝もしています。ただ、御心ではなかったのでしょう。また、名前を呼ばれるたび、歌うたびに、その「音の波動」でどんどん“呪い”のサイクルに皆を巻き込んでいったのでしょう。そう考えると、失敗の連続で、つらい思い、悔しい思いを散々し、傷付きましたが、どれも早期回避ができて良かったのだと思います。

主が与えてくださった「賛美クス」は、着実に“実”を結び続けています。さらなるステージへと実っていくため、自分のすべてを委ね、御声にしっかり聞き従い、主と共に行い続けることができますように、いつも自分の心をチェックしていきたい!と思います。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース