「和解の大切さ」教えてくれた 朗読劇で「韓国孤児の母」描く俳優の水澤心吾さん

2019年10月23日19時36分 印刷
+「和解の大切さ」教えてくれた 朗読劇で「韓国孤児の母」描く俳優の水澤心吾さん
水澤心吾さん(写真:寿福滋)

第2次世界大戦中に「命のビザ」を発給し、多くのユダヤ人難民を救った外交官・杉原千畝の生涯を描く一人芝居を、12年前からライフワークとして演じてきた俳優の水澤心吾(みさわ・しんご)さん。最近では、三浦綾子の『塩狩峠』や、真珠湾攻撃で空中攻撃隊の総指揮を執り、戦後キリスト教伝道者となった淵田美津雄など、信仰者の生涯を描いた朗読劇にも挑戦している。中でも、韓国で延べ3千人もの孤児を育て、「韓国孤児の母」と呼ばれた日本人女性、田内千鶴子の生涯を息子の視点から描いた朗読劇「ゆめの木―僕の母は韓国孤児のオモニになった」は、自身の信仰を深く見つめ直すきっかけになった作品だという。

終戦記念日の8月15日、水澤さんは韓国の浦項(ポハン)にいた。日韓の宣教協力をテーマに13日から4日間開かれた集会にゲストとして招かれ、14日から2夜連続で「ゆめの木」の朗読劇と杉原の一人芝居を演じた。上演が終わると、会場全体がスタンディングオベーションに包まれた。

田内は高知県で生まれ、熱心なクリスチャンだった母ハルの影響を受けてクリスチャンになった。7歳で朝鮮総督府の官史であった父の赴任地、木浦(モッポ)に渡り、24歳で日本語と音楽の教師として孤児院「木浦共生園」での奉仕を開始。その後、園長の尹致浩(ユン・チホ)と結婚するが、朝鮮戦争のさなかに食料調達に出掛けたまま、園長は帰らぬ人に。反日感情の渦巻く韓国で、女手一つで孤児たちを養った。1963年には大韓民国文化勲章国民賞を受賞。65年には第1回木浦市市民賞を受賞し、名誉市民になった。木浦市は田内のために初の市民葬を行い、3万人もの弔問者が訪れた。

「韓国で公演の機会を頂けるなら、という私の考えをはるかに超えて、私自身が強い影響を受けました。8月15日は、韓国では日本統治からの解放を祝う『光復節』。その時に思ったのは、和解の大切さでした」

不思議にも「和解」というテーマが、イエスが弟子たちに話した「ぶどうの木」のたとえ(ヨハネ15章)につながったという。「今回の公演を通して、もっと韓国の方々と対話や交流、和解の機会を持ちたいと思えたのは、私自身がイエス様によって神様と和解させられているからだと、深いところで気付かされました。『わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない』というイエス様の言葉が、今では素直に受け止められます」

次回の韓国公演の依頼もすでに来ているという。水澤さんは、「『和解』という自分にとって本当に大切なテーマを教えてくれた作品です。ぜひ一人でも多くの方にこの作品を見ていただきたい」と話す。

朗読劇「ゆめの木」は、10月26日(土)午後2時から、東京のお茶の水クリスチャン・センターで上演される。入場無料、活動自由募金あり。問い合わせはメディア21(電話:06・6345・2800、ファックス:06・6345・2900、メール:info@media21-c.co.jp、担当:増田)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

カニエ・ウエストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

全盲の福音歌手・ピアニスト、北田康広さんが新アルバム「聖夜 歌とピアノで綴るクリスマス」

震災を「一家族の崩壊と再生」というメタファーで描いた傑作「ひとよ(一夜)」

宗教的な、恐ろしく宗教的な人間賛歌「蜜蜂と遠雷」

「合唱のように子育てはみんなで!」 東京の教会で子ども虐待防止のゴスペルコンサート

映画「一粒の麦」山田火砂子監督インタビュー、日本初の女医・荻野吟子の生涯描く作品に込めた思い

「和解の大切さ」教えてくれた 朗読劇で「韓国孤児の母」描く俳優の水澤心吾さん

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース