世界宗教者平和会議、世界大会閉幕 初の女性事務総長選出

2019年8月25日20時03分 印刷
+世界宗教者平和会議、世界大会閉幕 初の女性新事務総長誕生
女性として初めて世界宗教者平和会議(WCRP)の事務総長に選出されたアッザ・カラム氏=23日、ドイツ・リンダウの国際会議場「インゼルハレ」で

20日からドイツ南部リンダウで開催されていた世界宗教者平和会議(WCRP)の第10回世界大会が23日、閉幕した。世界125カ国から宗教者ら千人以上が参加。日本からは、WCRP日本委員会理事長の植松誠・日本聖公会首座主教ら40人が参加した。閉会式では、新事務総長の選出も行われ、エジプト出身で国連人口基金(UNFPA)社会・文化開発シニアアドバイザーのアッザ・カラム氏(50)が、女性として初めて選ばれた。

大会テーマは「慈しみの実践:共通の未来のために――つながりあういのち」。全体会議や分科会、特別セッションなどのプログラムを通して、紛争後の赦(ゆる)しと和解、宗教間対話・協力、移民・難民問題、家庭内暴力、環境問題など、多岐にわたる課題について意見を交換した。4日間の開催期間中、毎日行われた全体会議では、宗教者の行動指針となる「アクションポイント」が示され、「共通の行動」として採択された。

21日には、参加者が会議会場から近隣の公園まで平和の行進を行い、地元市民も参加する式典を開いた。最終日23日の閉会式では、さまざまな提言を基に起草された「大会宣言文」が読み上げられ、満場一致で採択。宣言文は、「暴力的紛争の防止と変容」「公正で調和のある社会を促進する」「持続可能で不可欠な人間開発と地球保護」の3つの大きな項目を掲げ、女性への暴力撲滅や、移民・難民との共生、核兵器の廃絶、気候変動への対処などに、宗教者として力を注いでいくことを表明した。

世界宗教者平和会議、世界大会閉幕 初の女性新事務総長誕生
会議会場近くのルイトポルト公園で行われた平和の式典=21日

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース