比叡山延暦寺で「世界平和祈りの集い」 宗教者ら900人

2019年8月6日14時39分 印刷

大津市にある天台宗総本山の比叡山延暦寺で4日、「世界平和祈りの集い」が開催され、キリスト教を含む宗教者ら約900人が参列した。

この集いは、今年で32周年を迎える「比叡山宗教サミット」を記念するもの。同サミットは、当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の呼び掛けにより、1986年にイタリア・アッシジで開かれた「世界宗教者平和の祈りの集い」の精神を引き継ぎ、翌87年に開催された。日本では以来、毎年この時期に「平和の祈り」がささげられている。

今年の集いでは、キリスト教界からは、カトリック教会の大塚喜直(よしなお)司教(京都教区)、野下千年(ちとし)司祭(長崎教区)がそれぞれ、日本キリスト教連合会、世界連邦日本宗教委員会の代表として登壇。また、ローマ教皇庁駐日特命全権大使代理として、駐日教皇庁大使館のヴェチェスラヴ・トゥミル参事官も登壇し、教皇庁諸宗教対話評議会議長のミゲル・アンヘル・アユソ・ギクソット司教からのメッセージを代読した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース