英国福音同盟、新CEOを発表

2019年7月25日17時24分 印刷
+英国福音同盟、新CEOを発表
英国福音同盟(EA)の新最高責任者(CEO)に選出されたガビン・カルバー氏(写真:EA)

英国福音同盟(EA)は22日、新たな最高責任者(CEO)としてガビン・カルバー氏を選出したと発表した。4月に年内の引退を表明したスティーブ・クリフォード総主事の後任として、EAを導くことになる。

発表(英語)によると、カルバー氏は宣教ディレクターとして2015年からEAに参画。それ以前は、青年伝道団体「ユース・フォー・クライスト」で14年間奉仕し、うち6年は国内ディレクターを務めた。国内外のさまざまな教会で講師としてメッセージを伝える伝道者で、5つの著書がある。

EA理事会のタニ・オミデイー理事長はカルバー氏について、「全選考課程を通して優秀でした。さまざまな応募者がいましたが、その広い専門知識と未来に対するビジョンは、理事会に感銘を与えました」と評価。「われわれは、神が新しい時代のために選んだ人を見つけたという自信を持って、この選考を終えることができました。彼の任命は、理事会全体が完全に支持するものです」と述べた。

カルバー氏は、EAが1846年の設立時から、英国の福音派の中心であり続けたとし、「この指導的立場を与えられたことは光栄です」とコメント。今後は、地域教会とさらに密接に連携していきたいと意気込みを語った。

総主事としてEAを約10年にわたり導いてきたクリフォード氏は、カルバー氏の選出を歓迎。「私が総主事として仕えた期間、EAの中で、またEAを通して神がこれまでなされたことをさらに発展させるため、カルバー氏はユニークな形で供えられた人物だと確信しています」と語った。

カルバー氏は、妻のアンネさんとの間に2人の子どもがいる。伝道者、演説家であり、英サッカークラブチーム「AFCウィンブルドン」の熱心なサポーターでもある。新しいことに挑戦することが大好きで、「世界一長い5人制サッカーの試合」としてギネス認定された記録(約48時間、現在は塗り替えられている)に、チームの一員として参加したこともある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース