すでに成就している聖霊の約束 万代栄嗣

2019年6月17日10時05分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、・・・みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。・・・イエスは立って、大声で言われた。「・・・わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ注がれていなかったからである。(使徒2:1~4、ヨハネ7:37~39)

教会では特別なお祝いの日が3回あり、1つ目はイエスの誕生をお祝いするクリスマス、2つ目は救い主イエスが十字架にかかって3日目によみがえられたことをお祝いするイースター、3つ目がペンテコステです。ユダヤ人たちにとって大切な過越しの祭りの日から50日目のお祝い(五旬節)をペンテコステと言い、クリスチャンにとっては、過越しの祭りはイエスが十字架にかけられた日に当たります。

五旬節に弟子たちはいつものように集まって祈っていたところ、激しい音と共に聖霊がくだり、新しい言葉で祈り始めていたのです。それまでは引っ込み思案で失敗だらけの弟子たちでしたが、聖霊降臨によって大きく変えられ、力に満たされ、イエスを大胆に証しするようになったのです。

病める者の上に手を置いて祈れば病気も癒やされ、彼らのメッセージを通してその日に3千人が救われ、教会が誕生した特別な日がペンテコステです。聖霊降臨を体験した弟子たちの時代が新しく始まり、教会が誕生した重要な変わり目に、大切な3つの要素があったことを確認してまいりましょう。

1. 完璧な救い主イエスが常に共におられる

ルカ24章45~47節では、十字架と復活を体験されたイエスは高らかに福音を宣言されました。聖書の預言は十字架と復活のイエスによって、すべての人を罪や悪や呪いから解放される福音。主イエスが救いの業を成就されたことによって文字通り新しい時代が始まるという約束があるのです。私たちの目の前にはいつも完璧な救い主であるイエスがおられることを忘れてはなりません。

2. イエスに従う弟子がいる

ルカ24章48節では、イエスが目の前にいた弟子たちを証人(証し人)と呼んでくださいました。しかし弟子たちはこの言葉に戸惑いを覚えたのでした。なぜなら、イエスから離れ、裏切り、証し人と呼んでもらえるような資格はないと思っていたからです。

しかしイエスは、十字架と復活のことを目で見て、はっきり分かっている弟子たちを証人であると呼んでくださったのです。イエスの前に、弱く失敗だらけでもイエスに従おうとする弟子たちがいました。

3. イエスからの約束が与えられた

十字架と復活のイエスがいて、証人と呼ばれた弟子たちがいて、もう一つの要素は、イエスからの約束が与えられたことです。弱くて足りないあなたたちが、神からの力を着せられ、神の栄光のために生きる証し人に変えられるという約束が与えられたのです(ルカ24:49)。人間がする約束は反故にされることもありますが、神からの約束は必ず成就することを覚えておきましょう。そして、五旬節の日(ペンテコステ)に聖霊が天からくだり、その約束は成就したのでした。

それを知った上で、聖霊を受けるとどうなるか。その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる(ヨハネ7:37~39)と言われたのです。神が私たちに与えてくださる御言葉、祝福、約束を信じて受けるならば、私たちの内側から、心の奥底から生ける水の川、喜びや感謝や力が流れるように溢れ出すと約束されています。その約束は、弟子たちだけにではなく、今を生き、神を信じる私たちにも同じように約束され、すでに成就しているのです。

このことを覚えて、信仰生活が自分の努力や清さを求める頑張りからもう一歩進んでほしいのです。いのちを与えてくださった神ですから、何でもすることができます。豊かな聖霊の流れを求め祈りましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング