教会の成長拡大に貢献する人財の育成(11)技術を磨く ジョシュア佐佐木

2019年5月23日09時17分 コラムニスト : ジョシュア佐佐木 印刷
+教会の成長拡大に貢献する人財の育成(11)技術を磨く ジョシュア佐佐木
(写真:fxxu)

クリスチャンとしての「技術」を磨く必要があります。特にミニストリー(宣教事業)には「技術」の必要な部分がとても多いのです。我々は伝道のために「技術」を磨き続けていくのです。

自動車を運転しているとき、道路工事の現場の交通誘導員の誘導の仕方が曖昧で「ヒヤッ!!」とすることがあります。停止すべきか?通過すべきか?を明確に伝えることができていないからです。これは交通誘導員の技術の問題です。私たちが教会の駐車場で奉仕するときはどうでしょうか? 自動車を安全に誘導してスムーズに駐車していただくことが我々のミッションですので、やはりシッカリした交通誘導の「技術」を持つ必要があるのではないでしょうか。

一流といわれているホテルやレストランに行くと、素敵な笑顔と気持ちの良いあいさつで迎えてくれます。彼らはあいさつや言葉遣い、接客の「技術」を学び、それを実践しているのです。経営者は従業員たちにその技術を得てもらうために決して少なくはない投資をしているのです。日曜礼拝の受付奉仕をするとき、私たちの笑顔はどうでしょうか? 私たちのあいさつはどうでしょうか? 笑顔(表情)やあいさつの仕方にも実は「技術」があるのです。

有名なホールで開催されるクラシック音楽のコンサートに行くと、ホールの中に会場係(アッシャー)がいて、親切に丁寧に座席へと誘導してくれます。実はこの会場係は皆、プロフェッショナルなのです。複数の有名ホールの座席の状況を熟知しており、座席へのスムーズな誘導ができるばかりではなく、緊急事態の避難にも即座に対応できるようトレーニングされている「技術」を持った人たちなのです。私たちが教会でアッシャーの奉仕をするときはどうでしょうか? 教会が成長拡大すればするほど、アッシャーにも相応の「技術」が必要になるのです。

オフィスビルや総合病院など、多くの人々が利用する建物はいつも清潔にし、美観を保つ必要があります。そのために清掃会社と契約してプロフェショナルな掃除を行っています。教会は多くの人々が出入りする建物ですし、何よりも主がご臨在くださるところですので、オフィスビルや総合病院など以上に美観に気を付けなくてはなりません。私たちの掃除の奉仕はどうでしょうか? プロの「技術」で奉仕したいものです。

セールスマンたちは、クライアントにプレゼンをするために、プレゼンの内容を文章化し、シッカリと頭に入れ、同僚や先輩を相手に、何度も何度もロールプレイをして練習をしてから本番に臨みます。プレゼンをするために十分なトレーニングをして「技術」を確かなものにするのです。私たちは「証し」をするときにどのくらい準備しているでしょうか?「証し」は伝道のための重要な武器です。徹底的に「技術」を磨かなくてはなりません。

ミュージシャンは観衆を楽しませるために血のにじむような努力をして「技術」を高めていきます。毎日、何時間も楽器の稽古をし、歌の勉強をするのです。楽器のメンテナンスや、歌声を良くするために多くの投資もしなくてはなりません。教会での音楽奉仕のために、私たちはどれだけ犠牲を払っているでしょうか? 私たちの音楽は観衆を楽しませるだけの音楽ではありません。主を礼拝するための音楽なのです。最高の「技術」が必要です。

 「技術」を得るためには忍耐強い努力が必要です。信仰をもって高い基準をクリアしてまいりましょう。

彼らはみな達人であった。(1歴代誌25章7節より)

<<前回へ     次回へ>>

ジョシュア佐佐木

ジョシュア佐佐木(じょしゅあ・ささき)

巡回伝道者、ワーシップ!ジャパン宣教人育成学院学長、JTJ宣教神学校講師、東京基督教大学非常勤講師、東北応援団LOVE EAST事務局長、日本CBMC理事、一般社団法人日本ゴスペル音楽協会理事長、一般社団法人GOSMACミニストリーズ専務理事。

国立音楽大学大学院修士課程修了、ヴィオッティ音楽院(イタリア)修士課程修了。欧州と北米にてオペラ歌手として活動後、ゴスペル音楽家に転向し北米ツアーを敢行。米国にて教会の音楽主事、ワーシップリーダーなどを歴任後帰国する。大和カルバリーチャペルにてスタッフとして務めながら国内巡回伝道を開始。日本で唯一の音楽系の神学校、ワーシップ!ジャパン宣教人財育成学院(当時:日本宣教音楽学校)を創設し、日本の礼拝音楽の質の向上と、アグレッシブに伝道する宣教人財の育成に尽力している。

j-worshipシリーズCD全5巻、マンスリーワーシップCD全12巻をプロデュースしている。著書に『グローリー・トゥ・ゴッド』(いのちのことば社)など。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング