教会の成長拡大に貢献する人財の育成(6)隣人こそ世界への入り口 ジョシュア佐佐木

2019年2月27日06時55分 コラムニスト : ジョシュア佐佐木 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+教会の成長拡大に貢献する人財の育成(6)隣人こそ世界への入り口 ジョシュア佐佐木
- 広告 -

私たちには、イエス・キリストから大切な命令が与えられています。それは、「大宣教命令」です。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい」という命令です。これは、私たちへのお勧めではなく、「命令」です。

この、「大宣教命令」の「全世界に出て行き」という言葉は、とてもスケールが大きく、世界宣教のイメージを膨らませることのできる言葉だと思います。この言葉を握りしめて未開の地への宣教や、遠く離れた地への宣教に人生をささげた宣教師たちのことを、私たちは知っています。彼らを尊敬しますし、憧れもあります。

しかし、すべての人が、彼らと同じように行動できる訳ではありません。「全世界に出て行け」と言われても、状況や環境が、それを許してくれない場合もあるでしょう。しかし、「大宣教命令」は、「全世界に出て行き!!」と私たちに命じるのです。

主の命令に従うためには、どのようにすればよいのでしょうか??

実は、「全世界へ出て行く」ための「門」は、私たちのとても近くにあるのです。航空券もパスポートも必要ありません。大きな旅行用トランクも持たなくても大丈夫です。

その「門」は、私たちの一番近くにいる「隣人」なのです。私たちに与えられた一番近い人「隣人」にシッカリ「福音」を伝えること、そして救いに導くことが「全世界に出て行く」第一歩なのです。世界中のクリスチャンが、おのおのの一番近い人に「福音」を伝えることこそ、「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝える」ことを実現する一番大切な方法なのです。

あなたが今年、主に導きたいと思っている「隣人」は明確に決まっていますか?

これからの1年間、主からの愛をもって仕える「隣人」を明確にすることは、とても重要なことです。あなたが今年、仕えようとしている「隣人」は3名でしょうか?5名でしょうか?あるいは7名でしょうか?

 一人一人の名前をリストに書き出し、名前の漢字や読み仮名も正確に記憶し、彼らの必要や祈りの課題もリストに書き込み、毎朝早く起きて彼らのためにシッカリ祈ることから始めましょう。朝一番に「隣人」を意識することにより、彼らのために何をすべきかが明確に示されてきます。

友人としての信頼関係の中で、教会の礼拝に誘うタイミングも必ず示されます。

1人のクリスチャンが、1年に1人の「隣人」を教会に導くことができれば、教会は必ず成長拡大することになります。

ある意味で、私たちはすでに、「全世界」の一番東の端の日本という国に、主によって派遣されているのです。そしてその場所で、私たちが主から委ねられた「福音」という世界最高に価値ある情報を、一番近い「隣人」に伝えていくことが「大宣教命令」に従うということなのです。

アグレッシブに伝道しましょう!! ハレルヤ!!

あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。(マルコの福音書12章31節より)

全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。(マルコの福音書16章15節より)

<<前回へ     次回へ>>

ジョシュア佐佐木

ジョシュア佐佐木(じょしゅあ・ささき)

巡回伝道者、ワーシップ!ジャパン宣教人育成学院学長、JTJ宣教神学校講師、東京基督教大学非常勤講師、東北応援団LOVE EAST事務局長、日本CBMC理事、一般社団法人日本ゴスペル音楽協会理事長、一般社団法人GOSMACミニストリーズ専務理事。

国立音楽大学大学院修士課程修了、ヴィオッティ音楽院(イタリア)修士課程修了。欧州と北米にてオペラ歌手として活動後、ゴスペル音楽家に転向し北米ツアーを敢行。米国にて教会の音楽主事、ワーシップリーダーなどを歴任後帰国する。大和カルバリーチャペルにてスタッフとして務めながら国内巡回伝道を開始。日本で唯一の音楽系の神学校、ワーシップ!ジャパン宣教人財育成学院(当時:日本宣教音楽学校)を創設し、日本の礼拝音楽の質の向上と、アグレッシブに伝道する宣教人財の育成に尽力している。

j-worshipシリーズCD全5巻、マンスリーワーシップCD全12巻をプロデュースしている。著書に『グローリー・トゥ・ゴッド』(いのちのことば社)など。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング