関東学院大と尚絅学院大が協定締結、両大間で国内留学実施へ

2019年4月27日11時01分 印刷
+関東学院大と尚絅学院大が協定締結、両大間で国内留学実施へ
協定書を手に持つ関東学院大学の規矩大義学長(左)と尚絅学院大学の合田隆史学長=23日

関東学院大学(横浜市、規矩大義〔きく・よしひろ〕学長)と、尚絅(しょうけい)学院大学(宮城県名取市、合田隆史学長)は23日、連携協定を締結した。両大関係者が出席する中、締結式が同日、尚絅学院大で行われた。協定締結により、両大は1年間の学生の受け入れ体制を整え、学生の派遣・受け入れ(国内留学)を2019年秋から実施できるよう準備を進める。

両大は共に、米国のバプテスト派(プロテスタント)の宣教師によって明治時代に創立された学校を前身とする。これまでもキリスト教主義という共通理念の下、密接な関係を築いてきたが、協定締結によりさらに具体的な学生間の交流を進め、今後は職員間の交流についても検討していく。

関東学院大の規矩学長は「これからの時代の大学間の連携は、具体的な取り組みが目に見えて、目の前の学生たちにとって得るものがあるものでなければなりません。そうした取り組みを目指し、両校の交流を深めていければと考えています」とコメント。

尚絅学院大の合田学長は「教室の中で理論だけを学ぶのであれば、どこでも構いません。大学の値打ちは、人であり、フィールドにあります。今まで以上に豊かで多様性のある環境を、学生や教職員に提供できると期待しています」と語った。

締結式後には、記念講演会が行われ約100人が参加した。「災害時、子どもの命をどう守るか?」を共通テーマに、尚絅学院大人文社会学群長の田中重好特任教授が「その時学校は、何を考え、どう動いたか―東日本大震災の経験に学ぶ」、関東学院大の規矩学長が「教育機関における防災とBCP」と題し講演した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング