ロンドン神学院のカルビン・サミュエル校長が辞任

2019年3月20日19時20分 印刷
+ロンドン神学院(LST)
ロンドン北西部にあるロンドン神学院(LST)の校舎(写真:LST)

ロンドン神学院(LST)のカルビン・サミュエル校長が辞任した。自身の振る舞いをめぐり内部調査が行われたことを受け、引責したものとみられる。

サミュエル氏は、カリブ海の島国バルバドス出身。メソジスト派の聖職者で、英ダラム大学からLSTに移籍してきた。ダラム大学では、セントジョンズ・カレッジの学部長とウェスレー研究センターの所長を務めていた。

LSTは声明で次のように発表した。

「ロンドン神学院は、カルビン・T・サミュエル博士が2月24日付で校長の職を辞されたことを発表します。外部からの指摘で同氏に対する複数の嫌疑が浮上し、その真実性に対して理事会による内部調査が入りました。本学は、辞任という同氏の決断を受け入れました」

LSTは校長代理として、オーストラリア出身の聖書学者であるグラハム・トゥエルフィトゥリー教授を任命した。

現在、トゥエルフィトゥリー氏は学部長を務めており、幅広い牧会経験と学術的経験を兼ね備えている。同氏は、LSTの理事会と経営陣から全幅の信頼を受けて校長代理の職務を受け入れ、今後数カ月間その職務に当たることになるという。

トゥエルフィトゥリー氏は任命を受け、「これからチャレンジの日々が続きます。本学はこの困難な時期を乗り切るために、一人一人を必要としています。共に力を合わせ、神に寄り頼み、神の導きを求めていきましょう。本学は神にこよなく愛されています。同時に本学は今後、あらゆる努力を必要としています」と述べた。

LSTは、ロンドン北西部にある超教派の福音主義神学大学。1943年にロンドン聖書大学(LBC)として設立され、2004年に改称した。ホームページでは、欧州で最も大きい超教派の福音主義神学大学だとしている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング