NZクライストチャーチのモスク2カ所で銃乱射、40人死亡 容疑者4人拘束

2019年3月15日17時20分 印刷
+NZクライストチャーチのモスク2カ所で銃乱射、40人死亡 容疑者4人拘束
クライストチャーチの位置(画像:NordNordWest)

ニュージーランド(NZ)南島東部にある同国第2の都市クライストチャーチのモスク(イスラム教の礼拝所)2カ所で15日、銃乱射事件が発生した。これまでに40人が死亡し(続報:17日までに死者は50人となった)、容疑者4人が拘束された。犠牲者には子どもも含まれていると伝えられている。

事件が発生したのは、クライストチャーチのディーン通りにある「マスジド・アルヌア」と、リンウッド通りにある「リンウッド・マスジド」の2つのモスク(マスジドはアラビア語でモスクの意)。この日はイスラム教の金曜礼拝が行われており、両モスクとも礼拝者で混雑していたという。

NZの大手メディアサイト「スタッフ」(英語)によると、NZのジャシンダ・アーダーン首相は、現地時間同日午後7時(日本時間同3時)までに40人が死亡したと発表。「現時点ではっきりしていることは、これがテロリストによる攻撃だということ」と語り、事件は非常によく計画されたものだったと述べた。

地元の保健当局によると、被弾した負傷者48人が現在、クライストチャーチ市内の病院で手当を受けている。

拘束された容疑者は男3人と女1人の計4人。西オーストラリア新聞(英語)によると、このうち男1人はオーストラリア人のブレントン・タラント容疑者(28)。タラント容疑者は、フェイスブックで襲撃の様子を生中継し、インターネットの掲示板には事件に関する37ページにわたる声明を投稿していた。声明では、自身について労働者階級の低所得家庭に生まれたと紹介し、犯行の理由について「外国からの侵入者によってもたらされた数千人の死」に対する報復などと述べている。

ニュージーランド・カトリック司教協議会は事件を受け、ツイッターに以下のコメントを発表した。

「ニュージーランドのイスラム教コミュニティーの皆様、クライストチャーチのモスクにおけるイスラム教徒に対する暴力の恐ろしいニュースを聞き、私たちは皆さんのことを祈りのうちに抱いています。このような暴力に直面する中で、皆さんに対する私たちの連帯があることを覚えてくださることを願っています。平安を、サラーム(イスラム教徒のあいさつの言葉)」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース