「僕はイエス様が嫌い」、ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞 国際映画祭で4受賞目

2019年3月5日23時40分 印刷
+映画「僕はイエス様が嫌い」
©2019 閉会宣言

新鋭の奥山大史監督(23)が青山学院大学在学中に制作した長編映画デビュー作「僕はイエス様が嫌い」(英題:JESUS)が、2月20日から3月3日まで開催されたアイルランドの第17回ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した。

本作の国際映画祭での受賞は、第66回サンセバスチャン国際映画祭での最優秀新人監督賞、第29回ストックホルム国際映画祭での最優秀撮影賞、第3回マカオ国際映画祭でのスペシャル・メンション賞に続き4度目。出品されたすべての国際映画祭で受賞する快挙を成し遂げた。すでに国内では、5月31日からTOHOシネマズ日比谷ほかで全国順次ロードショーされることが決定している。

主人公は、祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方のミッション系小学校に転校してきた少年ユラ。日々の礼拝に戸惑うユラだが、目の前に小さなイエスが現れる。他の人には見えないけれど、願い事を必ずかなえてくれるイエスを信じ始めたころ、ユラに大きな試練が降りかかる――。

ユラにしか見えない小さなイエス役は、オーストラリア出身のお笑い芸人、チャド・マレーンさんが演じる。そのユーモラスなシーンは、国際映画祭でも好評だったという。

「僕はイエス様が嫌い」、ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞 国際映画祭で4受賞目
奥山大史監督

今回の受賞に当たり、ダブリン国際映画祭ディレクターのグロニー・ハンフリーズ氏は、「まるでお菓子のウエハースのようにチャーミングで風変わりなイエス様。奥山大史は孤独な少年と彼の想像上の友人についてのかわいらしい寓話(ぐうわ)を作り上げた」とコメントしている。

本作で監督、撮影、脚本、編集をすべて担当した奥山監督はこれまでに、撮影監督として「過ぎていけ、延滞10代」(2017年)や「最期の星」(18年)の撮影を担当したほか、GUのテレビCMやLOFTの企業ムービーの撮影も担当。本作と同じく学生時代に監督した短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」(主演:大竹しのぶ)は、第23回釜山国際映画祭に正式出品され、大きな注目を集めた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

放蕩息子の物語をモチーフにした衝撃作「ベン・イズ・バック」

ヒーローとは何か? 福音的キリスト像の本質描き出す長編シリーズ完結編!「アベンジャーズ / エンドゲーム」【ネタバレなし】

「旅のおわり世界のはじまり」 リアル「イッテQ!」の裏側で繰り広げられる人間賛歌と神の粋な取り計らい

東京でダマー国際映画祭 ガーナ、米国の2作が最優秀作品賞 隠れキリシタンの映画も上映

キリスト教映画「ブレイクスルー」、約2週間で全米興収3千万ドル突破 「パウロ」超す人気

4つの国際映画祭で受賞「僕はイエス様が嫌い」 23歳の新鋭、奥山大史監督インタビュー

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング