第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に

2019年2月21日10時31分 印刷
+第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に
映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」(信友直子監督、2018年)

第43回日本カトリック映画賞の受賞者が、「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に決まった。本作は、信友氏が認知症となった母親とそれを支える父親の姿を、娘の視点で描いたドキュメンタリー。6月には授賞式と上映会が行われ、同賞を主催するSIGNIS JAPAN(カトリックメディア協議会)の顧問司祭である晴佐久昌英神父と信友氏の対談も予定されている。SIGNIS JAPANが公式サイトで発表した。

舞台は広島県呉市。この街で生まれ育った「私」(信友氏)は18歳で大学進学のために上京し、以来40年近く東京暮らしを続けている。結婚もせず、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクターとして仕事に没頭する中、45歳の時に乳がんが見つかる。そんな「私」をユーモアたっぷりの愛情で支える母。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、父と母の記録を撮り始めるが、少しずつ母の変化に気付き始める。

87歳になる母に、認知症の症状が出始めていたのだった。母のために、95歳で初めてリンゴの皮をむく父。「私」は仕事か介護かで迷うが、自分が介護をするという父の言葉に背中を押され、両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始める――。

2016年9月にテレビの情報番組で2週にわたって特集され、大反響を呼ぶ。さらに継続取材を行い、17年10月に別の番組で放送されると再放送を求める声が殺到した。本作は、さらなる追加取材と再編集を経た「完全版」。

授賞式・上映会は6月22日(土)午後1時〜4時半(同12時15分開場)に、なかのZERO大ホール(東京都中野区中野2ー9ー7)で。詳細は後日発表される。

日本カトリック映画賞は、前々年の12月から前年の11月までに公開された日本映画の中で、カトリックの精神に合致する普遍的なテーマを描いた優秀な映画作品の監督に贈られる。1976年に創設され、これまでに「火垂(ほた)るの墓」(88年)の高畑勲、「博士の愛した数式」(2005年)の小泉尭史(たかし)、「おくりびと」(08年)の滝田洋二郎各監督などが受賞している。

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」公式サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース