「沖縄で輝く女性牧師達」 重元清・石川福音教会牧師

2019年2月20日20時57分 執筆者 : 重元清 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:宮村武夫重元清

「沖縄で輝く女性牧師達」と題した集会が8日、沖縄県西原町の那覇バプテスト教会で行われた。講師は沖縄で26年間牧会し、現在はクリスチャントゥデイで働いている宮村武夫牧師だった。

パウロは、1テモテへの手紙2章12節で「女が教えたり・・・することを許しません」と語る一方、ガラテヤ人への手紙3章28節では「男子も女子もありません・・・キリスト・イエスにあって、一つだからです」と語っており、教会では女性教職をどのように考えるか、さまざまな議論があり、意見が分かれてきた歴史がある。女性教職に対する考えの違いも意識しつつ持たれたのが、「沖縄で輝く女性牧師達」だった。

講師の宮村牧師は「無教会からカトリックまで」の学びを深め、さらに現在では「人間であれば誰でも」と語って伝道している。その宮村牧師と、沖縄で実際に働いている女性牧師たちが向かい合い、真剣に「対話する」集会だった。参加人数は10人だったが、対話そのものが「輝く」集会だった。参加した女性牧師たちからは、女性教職故に抱えてしまう具体的な問題も質問として出されたが、それらの質問に対して宮村牧師は2つの視点から応答した。

一つは神学的な視点。宮村牧師は、具体的な問題に対処療法的に答えるのではなく、男や女である前に「一人の人間」として、また「一人の牧師」として、神の前に立つことを強調した。そこでは、教職も信徒も、信者も未信者もなくなって、キリストにあって一つになる「牧会」を目指す明確な主張があった。

そしてもう一つは、沖縄での26年間の牧会生活で変わってきた、女性教職に対する宮村牧師自身の変化という体験的な視点だった。以前は、女性教職に関する議論に対しては沈黙する態度を取ってきたが、沖縄に移ってからは、女性教職が「語るべき時に語る」姿に目を開かれたと、自分自身の経験を紹介した。男性教職の方が社会的に自分を守る姿を身に付けているため、語るべき時に語らないのに対して、女性教職には守りがなく、恐れを知らず堂々と語っていく姿があったという。これこそ「沖縄で輝く女性牧師達」の発見だったのかもしれない。

神学的な視点と経験的な視点の2つの間で、参加者の誰もがあらためて「女性教職について(自分自身について)」考えを深め、さらに自由に意見交換する集会となった。「沖縄では女性教職は働きやすい」との発言も出たが、注目すべき発言ではないだろうか。最後に、沖縄では昔から女性教職が多くいたことが、一色哲著『南島キリスト教史入門』(新教出版社)で指摘されていることも紹介しておきたい。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:宮村武夫重元清

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング