子育てパパのキリスト教ひとり言(13)「神の裁き」と「魚」と「痴漢」

2019年1月1日19時21分 コラムニスト : 箕輪勇気 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+子育てパパのキリスト教ひとり言(13)「神の裁き」と「魚」と「痴漢」
(写真:succo)
- 広告 -

「神の裁き」と聞くと、日本の皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。「天罰」みたいな感じでしょうか。

でも、聖書の言う「裁き」は「天罰」という意味とは少し違います。聖書の「裁き」とは「分ける」という意味です。例えば「魚をさばく」と言いますが、これは魚の身と骨を分ける(さばく)という意味です。

「裁き」について、聖書には面白いことが書かれています。神様に向かって「わたしを裁いてください」(詩編54:3、新共同訳)と祈る箇所があるのです。これはどういう意味でしょうか。

ところで、冤罪で捕まることはいやですよね。ある弁護士が、冗談半分にこのようなアドバイスをしていたのを聞いたことがあります。電車に乗っていて痴漢と間違えられたら、すぐに逃げた方がいいと。

う~ん。本当にやっていないのなら話せば分かってくれそうですが・・・。でも、映画「それでもボクはやっていない」(電車で痴漢に間違えられた主人公が裁判で自分の無実を訴える映画)を見ると、それも難しそうです。

そもそも痴漢の場合、裁判で無罪を勝ち取ることは難しい。仮に無罪を勝ち取っても、お金や時間はもちろんのこと、仕事も失ってしまう・・・。だがら「すぐに逃げた方がいい」というアドバイスが出てくるのかもしれません。

でも神様があなたの無罪を主張してくれるならどうだろう。神様があなたの味方なのです! 「わたしを裁いてください」という祈りは、別の翻訳(新改訳)では「私を弁護してください」と訳されている。

裁判を行うには弁護人の助けが必要だけど、その弁護人が神様なら最強!「神の裁き」というのは、神様が弁護人になってくれるクリスチャンにとっては良いものなのです。

<聖書のみことば>

「そこで、イエスは言われた。『わたしはさばきのためにこの世に来ました。それは、目の見えない者が見えるようになり、見える者が盲目となるためです』」(ヨハネ9:39)

「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう」(ローマ8:31)

<<前回へ     次回へ>>

箕輪勇気(みのわ・ゆうき)

1981年名古屋市生まれ。2002年受洗。05年から4年間、神学校(信徒向けコース)で学び、現在は社会人として働きながら妻と共に一般信徒として教会に仕える。2児の父。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング