子育てパパのキリスト教ひとり言(11)財布の中身

2018年12月18日15時12分 コラムニスト : 箕輪勇気 印刷
+子育てパパのキリスト教ひとり言(11)財布の中身
(写真:stevepb)

聖書は「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです」(へブル11:1)と語っている。「目に見えないものを確信させる」って何だろう?

多分こういうことだと思う。私が今、財布の中に1万円あると言ったら、皆さんは信じるだろうか。

「1万円くらいは持っているのでは?」と信じる人もいれば、信じない人もいるだろう。

では、財布の中に100万円入っていると言ったら信じるだろか。おそらく、いや、絶対に信じないだろう。

でも本当にあるかどうかなんて「見なくては分からない」はずだ。実際に私は結婚式の時には100万円以上の大金を現金で持っていたことがある。でも、その100万円を見て確認してから、「100万円持っている!」と言ったところで何の意味もない。それは当たり前のこどた。

信仰も同じで、それが本当だと、見てから、確認してから信じることではない。

「信仰」は「信頼」「信用」と同じ意味だと思う。神様を信じたら、何でもかんでも良いことばかりが起こるわけではない。時に不安や恐れを抱くこともある。「私はこれからどうなるの?」と。

でも、神様は必ず私を守ってくれる。今は分からないけど、神様が共にいてくれるから大丈夫というのが、「神様との信頼関係」つまり「信仰」なんだろう。そしてそれが、証しになっていくんだろうね。

<聖書のみことば>

「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました」(ローマ4:18)

<<前回へ     次回へ>>

箕輪勇気(みのわ・ゆうき)

1981年名古屋市生まれ。2002年受洗。05年から4年間、神学校(信徒向けコース)で学び、現在は社会人として働きながら妻と共に一般信徒として教会に仕える。2児の父。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング