子育てパパのキリスト教ひとり言(9)自分を捨てること

2018年12月4日12時04分 コラムニスト : 箕輪勇気 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+子育てパパのキリスト教ひとり言(9)自分を捨てること
(写真:congerdesign)
- 広告 -

聖書はこう語っている。「それから、イエスは弟子たちに言われた。『だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい」(マタイ16:24)。

聖書の表現方法は、私たちが普段使う表現方法とは違う場合があるが、これもその一つといえるだろう。「自分を捨てる」「自分の十字架を負う」とは、どんな意味であるか少し説明したい。

普通に日本語を理解するならば、「自分を捨てる」のに、「自分の十字架を負う」というのは、どういう意味なのか理解不能である。

しかしこれは聖書的な表現であり、「自分を捨てる」とは、自分が持つ「重荷」を捨てることだと解釈できる。イエスは「重荷は私のところに持って来なさい」と語っている(マタイ11:28参照)。「重荷」はイエスが引き取り、私たちはイエスのもとで休められるのだ。

次に「十字架を負う」と聞くと、何か悪いことをしてしまい、それを償っていくようなイメージがあるが(十字架刑は当時用いられていた公開処刑の方法だった)、聖書で言う「十字架を負う」とは、「神の使命を果たす」ということができる。実際イエスは、十字架を背負って神の使命を果たされた(ルカ22:42参照)。

だから「自分の十字架を負う」とは、神様が自分に下さる道や仕事、役割を受け入れて、その道を歩み、それを行うことだといえる。そのためには、神様に自分をお任せする、つまり「自分を捨てる」信仰が必要である。

このお方にお任せしていたら間違いがないし、必ずよくしてくださる、そういうイエスとの信頼関係なしに、自力で「自分の十字架を負う」のは不可能であり、健全でもない。

では、イエスとのそのような信頼関係は、どうやって築くのか。それはイエスのもとにいて、イエスとよく交わること以外にない。イエスは私たちをそのみもとに招いている。イエスのもとで自分の重荷を下ろした人が、神様が下さる「自分の十字架」を負うことができるのである。信じるとは頭で信じるのではなく、その道に歩むことである。

<<前回へ     次回へ>>

箕輪勇気(みのわ・ゆうき)

1981年名古屋市生まれ。2002年受洗。05年から4年間、神学校(信徒向けコース)で学び、現在は社会人として働きながら妻と共に一般信徒として教会に仕える。2児の父。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング