日本人に寄り添う福音宣教の扉(54)「信じる(信仰を持つ)」とは? 広田信也

2018年10月6日19時40分 コラムニスト : 広田信也 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

この世界は、神様の恵みが満ち溢れているが、その恵みを受け取るため、神様は人に「信仰」という賜物を与えてくださった。聖書には、「人は信仰によって救われる」と一貫して記されている。「信仰」は、人が人生の中で受け取るべき、祝福の扉のようなものだ。

しかし、「信仰によって救われる」という言葉自体は、結構取り扱いが難しい。なぜなら、「信じる(信仰を持つ)」とは何か?については、人によって微妙に言葉の捉え方が違うからである。

例えば、一般的によく「占いを信じるか?」と問われると、クリスチャンなら、「占いの背後に存在する悪い霊を信頼するか?」という意味と考え、即座に「NO!」と答えるかもしれない。

しかし、聖書に触れたことのない人なら、「占いが将来を言い当てることがあるだろうか?」というような質問に置き換えるかもしれない。占いの背後には、霊の世界の見えない力があるので、答えは「Yes」が多くなるだろう。もちろん占いは、人生を狂わしてしまう危険があるので気を付けなくてはいけない。

「神を信じる」という人はたくさんいる。私は物理化学の領域に多少触れてきたが、この自然界の背後には、大きな力の源を感じずにはいられない不思議さがある。それを神と表現するなら、神の存在を信じる方が自然である。自然を対象に研究する科学者ならなおさらである。

しかし、それは聖書が勧める「信じる(信仰を持つ)」ことと同じではない。神の存在を信じていても、「神を信じる」ことにはならない。天地を造られた神様はあまりに大きく、その偉大さの前では、人間はただ畏れを持つだけなのだろう。畏れは信仰を持つ上で大切なことだが、信仰と同義ではない。

同じように「イエス・キリストを信じる」という人がいても、その人が聖書の伝える基準で信じているかは、簡単に分からない。「信じる」という言葉の使い方が人によって異なるからだ。

先日、「エホバの証人」の方たちが我が家を訪ねてきた。彼らも「イエス・キリストを信じる」と言う。しかし、彼らの多くは、聖書知識こそ多いが、聖書の勧める信仰からは随分と遠い人たちである。彼らの信じているのは、所属している団体とその教理(聖書解釈)であって、イエス・キリストではない。

実は、洗礼を受けてキリスト教会に所属している人でも、信じていない人は結構たくさんいるのだろう。牧師でも信じていない人がいるという。信じるというのは、簡単なようで難しいのかもしれない。

一方で、私には間もなく2歳になる幼い孫がいる。良き両親に恵まれ、愛情を一身に受けて元気に育っている。言うまでもなく、彼にとって両親は信頼できる、とても大きな存在である。

幼子に向ける親の愛情は、私たちの体験できる範囲で、神様の愛に最も近いといわれるが、幼子が両親を信頼している様子も、私たちにとって「信仰」の良いモデルになる。

もちろん幼子に聖書知識があるわけではない。しかし、幼さのゆえに、その弱さを通して神様を信じているのだろう。無条件に母親の胸に飛び込むように、キリストを受け入れる素直さを持っている。イエス・キリスト自身が幼子を指して、「神の国はこのような者たちのものです」と言われた通りである。

そして、この幼子のような弱さにもう一度戻っていくのが、誰もが迎える人生のエンディングなのだろう。体の機能が衰えて弱くなるにつれ、祈り心は増してくる。最期は祈ることしかできなくなる。

残念なことに、最期まで頑なな心を持っている人もいるが、弱さの中で、キリストを素直に受け入れていかれる方も多い。死を目前にしている方とともに、天国を仰ぎ見て心を合わせると、寂しさの中にも天国が舞い降りてくるような時が流れる。

私たちは誰であっても、やがてこの世の生涯を終える。弱さの極みで「死」を迎えようとするとき、幼子のようになって神様への信仰を表現したいものだ。

「信仰によって救われる」と伝える聖書の言葉通り、私たちが天国に凱旋するとき、残されたいとおしい人々も、共に天国の前味を知り、大きな祝福を受け継ぐことになるだろう。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。81年トヨタ自動車東富士研究所エンジン先行開発部署配属。2011年の定年退職まで、一貫してクリーンディーゼル新技術を先行開発。保有特許件数500件以上。恩賜発明賞、自動車技術会論文賞などを受賞。1985年キリスト教信仰に入信し、2016年まで教会学校教師を務める。1988~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。

ブレス・ユア・ホーム

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング