米最高裁で勝訴のケーキ職人、再び法廷へ 今度は性転換祝うケーキ拒否で

2018年8月25日19時11分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+米最高裁で勝訴のケーキ職人、再び法廷へ 今度は性転換祝うケーキ拒否で
ジャック・フィリップスさん(写真:フィリップスさんが経営する「マスターピース・ケーキ店」の動画より)
- 広告 -

同性カップルのウエディングケーキ作りを拒否したことをめぐる訴訟で、今年6月に米連邦最高裁で逆転勝訴したジャック・フィリップスさん(コロラド州在住)が、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、再び法廷に立つことになった。

最高裁は6月、7対2でフィリップスさん側を擁護する判決を下した。判決は、コロラド州公民権委員会が、キリスト教徒であるフィリップスさんが持つ宗教的信条を不当に扱ったというもので、同性愛者のケーキ作りを拒否したことを「差別」とした同州の判断を破棄した。

しかしこの判決が出てから数週間後、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、同州はフィリップスさんが差別を禁止する州法に違反したとした。そのため、キリスト教保守派の法律家らによる非営利団体「自由防衛同盟」(ADF)は14日、フィリップスさんの代理人として、同州の公民権委員らのほかに、シンシア・コフマン司法長官とジョン・ヒッケンルーパー知事を相手取り、同州連邦地方裁に新たな訴訟を起こした。ADFは前回の訴訟でもフィリップスさんの弁護を務めていた。

フィリップスさん側は訴状(英語)の序文で「最高裁に上訴し勝利した当初、フィリップス氏は自身の信条に対するコロラド州の敵意は終わったと考えていたが、それは間違いだった」と主張。その上で「フィリップス氏を擁護する判決を下した最高裁と真っ向から争う形で、コロラド州が再びフィリップス氏を有罪にしようとする試みを開始したことで、同州は同氏に対する敵意を新たにした。コロラド州によるフィリップス氏に対する継続的な迫害を阻止するために、この訴訟は必要である」と訴えている。

訴状によると、コロラド州のある弁護士は昨年、性転換を祝うために外側が青で内側がピンクのケーキを作るようフィリップスさんに依頼した。またフィリップスさんの元には、サタンを祝うケーキや麻薬使用を祝うケーキ、露骨な性的象徴物を祝うケーキの依頼も入っていた。少なくともこれらの依頼の一部は、同じ弁護士からのものであることが疑われている。

「フィリップス氏は、青とピンクのケーキを作ることを断った。理由は、フィリップス氏の宗教的信条に反するメッセージを祝うことになるからだ。人は男か女のいずれかであるという性差は神によるもので、生物学的にもそのように決定される。(感覚器官による)知覚や感情によって決定されるものではなく、選択したり変更したりすることもできない」と訴状は説明する。

そして「フィリップス氏を狙う同州の執拗な試みは米国憲法に反するのみならず、一線を越え悪しき信条に踏み込んだものである。当法廷はコロラド州による違憲的ないじめを阻止すべきである」と続く。

最高裁は6月の判決で、「コロラド州公民権委が本件を審議した際、同委は米国憲法が求める宗教的中立性をもってこれを行わなかった」と指摘。「これらすべての事項を考慮すると、これらに類似する事実を含む将来的な論争の結果が何であれ、同委による今回の行為は(米国憲法が定める)信教の自由条項に違反している。故に同委による命令は退けられなければならない」と命じていた。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング