同性婚ケーキ作り拒否訴訟、オレゴン州最高裁がケーキ店側の訴え棄却 連邦最高裁へ

2018年7月1日13時38分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+同性婚ケーキ作り拒否訴訟、オレゴン州最高裁がケーキ店側の訴え棄却 連邦最高裁へ
米首都ワシントンで開かれた家族研究協議会(FRC)主催のサミットで語るオレゴン州のケーキ店主、アーロン・クラインさんとメリッサさん夫妻=2014年9月26日(写真:FRC)
- 広告 -

米オレゴン州のケーキ店主夫妻が、同性カップルのウェディングケーキ作りを拒否し、賠償金13万5千ドル(約1500万円)の支払いを命じられていた訴訟で、同州最高裁は6月21日、賠償金の支払いを不服としていた夫妻の訴えを棄却した。夫妻の弁護側は今後、連邦最高裁に再審理を求める意向を示している。

同州グレシャムでケーキ店を営んでいたキリスト教徒のアーロン・クラインさんとメリッサさん夫妻は2013年、女性同士の同性カップルであるローレル・ボーマンさんとレイチェル・クライアーさんからウェディングケーキを依頼されたが、宗教上の理由で拒否した。同性カップルは夫妻を訴え、同州労働産業局は15年、夫妻に対し賠償金13万5千ドルの支払いを命じ、同州控訴裁もこの決定を支持していた。

夫妻の弁護を務めた法律事務所「第一自由研究所」のケリー・シャックルフォード会長兼最高責任者(CEO)は同日、声明(英語)を発表。「米国においては誰もが、信仰か生計かの選択を政府から強要されるべきではありません。ところが、まさにそれが私どものクライアントであるケーキ職人のアーロン・クラインさんとメリッサさんに起こりました」と述べ、連邦最高裁に再審理を求める意向を明らかにした。

夫妻の主張を退けた控訴裁のクリス・ギャレット判事は判決文で、同性婚に反対する夫妻の宗教的見解を異人種婚への反対意見と比較し、次のように述べている。

「クライン夫妻は、同性婚に対する真摯(しんし)な宗教的異論に基づいて免責を求めています。しかし、異なる人種間や異なる民族間、異なる信仰間の結婚に真摯な宗教的異論を持つ人たちも、まったく同じようにする場合があるのです」

「クライン夫妻は、同性婚に反対する宗教的信条に根ざした『妥当で高潔な』理由があると主張する以外、夫妻が求める免責の制限について理に適った基準を提示していません」

昨年12月に出されたこの判決により、クライン夫妻はケーキ店の閉鎖も命じられ、今年3月に州最高裁に上訴していた。

一方、今回の判決が出る数週間前には、同性カップルのウェディングケーキ作り拒否をめぐる別の訴訟で、連邦最高裁がケーキ作りを拒否したコロラド州のケーキ職人を擁護する判決を下している(関連記事:同性婚ケーキ作り拒否 最高裁でケーキ職人が逆転勝訴、なぜ? 判決詳細)。この訴訟では、同性カップルのケーキ作りを拒否することを反差別法違反とした同州裁判所の判決が、信教の自由を定めた米国憲法修正第1条に反するなどとして否定された。また、同州公民権委員会がケーキ職人の宗教的信条に対し、明確な偏見を持っていたとされ、判決に大きく影響した。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング