聖公会と日本福音ルーテル、ペンテコステに黙想集『神の恵みによる解放』を共同出版

2018年5月18日21時00分 印刷
+聖公会と福音ルーテル、ペンテコステに黙想集『神の恵みによる解放』を共同出版
ペンテコステ(聖霊降臨日)の5月20日に出版される黙想集『神の恵みによる解放―聖公会・ルーテルの黙想』

日本聖公会エキュメニズム委員会(西原廉太委員長)と、日本福音ルーテル教会(JELC)エキュメニズム委員会(大柴譲治委員長)は、ペンテコステ(聖霊降誕祭)の20日、黙想集『神の恵みによる解放―聖公会・ルーテルの黙想』を共同で出版する。JELCがニュースブログで17日に発表した。

本書は宗教改革500年の2017年、聖公会の世界共同体である「アングリカン・コミュニオン」(全世界聖公会)とルーテル世界連盟(LWF)による「聖公会・ルーテル調整国際委員会」(ALICC)が作成した。世界中に広がる聖公会とルーテル教会の教会員ら42人に執筆を依頼し、それぞれが6週間にわたる黙想の1日分を担当している。

各日の黙想は、1)聖公会またはルーテル教会の伝統的文書からの引用、2)聖書本文、3)黙想文の3つのパートで構成される。伝統的文書は、聖公会の『祈祷書』やマルティン・ルターの『キリスト者の自由』(1520年)など、主に宗教改革後のものが選ばれている。

日本では数十年にわたる対話と協働を続けてきた日本聖公会とJELCが、宗教改革500年の共同事業として、原書『Librated by God's Grace: Anglican-Lutheran Reflections』の翻訳を行い、今回の出版に至った。翻訳は両教会から5人ずつ選出された翻訳委員が行った。

「個人で、それぞれの教会で、またエキュメニカルな交わりの場で、『キリスト者としてこの世界で生きる』ことを考えるのにふさわしい内容」だという。

無料で自由にダウンロードできるPDF版と、1冊300円(送料・手数料)の書籍版(A5版、152ページ)の2タイプで提供される。書籍版は聖公書店(埼玉県狭山市)で6月上旬から取り扱う予定で、郵便、電話、FAX、電子メールのいずれかで注文を受け付ける。詳細はこちらを。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース