イスラム宗教評議会「聖書のマレー語翻訳は政府が行うべき」 教会が反発

2017年11月28日16時19分 印刷

【CJC】マレーシア首都圏のセランゴール州のイスラム宗教評議会(MAIS)が、聖書のマレー語訳を国家言語局が行うべきだと提言したことに、キリスト教側が「越権かつ侮辱行為」だと強く反発している。

マレーシア福音同盟(NECF)は、キリスト者が「神」を表す語として「アラー」という言葉を使う権利を否定しようとするものだと指摘。MAISが聖書を改定することで、キリスト教信仰に介入しようとしていると批判した。「憲法の下で保障されているキリスト教や宗教的少数派の権利保護を政府に明確にするよう促す」と求めている。

マレーシア・キリスト教連合(CFM)も「聖書はキリスト教の神聖な遺産であり、キリスト教会から許可を得ないいかなる者も新たな訳を発行することは許されない」と批判した。

MAISの幹部は、キリスト教側に対して「神」を表す語として「アラー」の代わりに「トゥハン」を使うよう求めているという。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース