聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

2017年10月28日16時14分 コラムニスト : 中西裕人 印刷

祈りの時間が止まり、そこにいるすべての人が聖堂脇の階段に通され、大きなホールに招かれた。そこでは、水やお菓子、コーヒーが修道士たちの手によって配られ、あのフィロセウ修道院でもあったように、休憩の時間となった。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

やがて、マイクを通して主教、修道院長という順番に話を始めた。それまで、ワイワイと水を飲んだり話したりしていた巡礼者たちであったが、その時間だけは静まり返り、その声にすべての修道士、巡礼者たちは耳を傾け、静かに聞き入っていた。とても印象的であった。この深夜のおもてなしは、1時間にわたる長いものであった。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

再び、全員で来た階段を下り、聖堂を目指した。聖堂内はこれまでにないくらいのロウソクに満たされた。修道士たちの声が聖堂のドームに反響し、いつもより高らかに、大きく、どこまでも届きそうで、ふと全体を引いて見ると、まるで聖堂が燃えているかのような明るさ。彼らの声と混じり、何か人間の大きな力と生きている勢いを感じたのである。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

彼らは生きているのだと感じた。神をイメージし、神の力だけを借り、人を想う祈りを日々続けている。一人一人のここへの出家ともいうべき動機について、決してすべてを知り得ることはできないが、ここで生きていく決意と心強さ――。

彼らは生まれながら神に近い存在であり、自己を持つことで遠ざかっていった。それを回復していく道行きが正教の祈りの根本であるという父の話をこの時に思い出した。

生きることは人を想うこと。彼らはこの地で、その教えを感じて生きている。神の一番近くで生きることを決意した修道士たち。この時間、私はこの聖堂で、彼らの力強く生きている姿を感じ取った。それは、何よりも美しく、清らかな瞬間であり、生きる人間にとって何よりも大切なものなのではないかと感じた。

2時間後の午前5時、再び祈りの時間が終わった。そして、ある修道士が私に、こう言った。「1回部屋で休憩です。3時間後にまた聖堂で会いましょう」と。長時間にわたる撮影でデータの保存もしたいところだったので丁度よく、部屋に戻り、荷物とデータのチェックを済ませてから少し仮眠をした。

朝日が昇り、7時半ごろ、再び聖堂の周りに人が集まり出し、ガヤガヤと話しながら、祈りの時を待った。すると、聖堂から主教、修道院長を先頭に修道士たちが列を組んで現れ、そのまま聖水所に向かった。この聖水所での儀式を見るのは初めてであった。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

アトスは950年代、聖アサナシオスによってアトス山から流れる水脈が見つけられ、その後、このような修道院が建てられ、修道士たちが住みついたといわれている。この水は、そんなアトス山から湧き続けている水と思うと、これまでの歴史と永遠のつながりを感じることができる。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

遠く昔から受け継がれる祈りの中で、聖堂ではイコンや不朽体、このように聖水などアトスを取り巻くすべてのものに、これまでの修道士たちの気配を感じるのである。死して、復活を待ち望む修道士たちの祈りの瞬間は、過去との対話でもあるように思う。神の国へ行った修道士たち、今生きている修道士たちが同じ祈りを続け、同じイコンや聖水を目の前にし、これまでの何層にも重なった祈りの時間を、ここアトスでは随所に感じることができるのである。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

やがて、この隊列をなし、聖歌を歌いながら修道院内を回る。これもまた、千年続く祈りである。彼らは、そんな流れを絶やすことなく、今日も続けている。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(39)ヴァトペディ修道院の祭日・その3 中西裕人

今回の取材はここまで。日程の関係でこの祈りの最後を見ずに帰路に就くことになった。「また、この地へ来なさい」と誰かに言われている気がする。そんなことを感じながら、バスに乗り込んだ。

<<前回へ     次回へ>>

中西裕人

中西裕人(なかにし・ひろひと)

写真家。1979年生まれ。東京都杉並区出身。日本大学文理学部史学科卒。外苑スタジオ勤務後、雑誌「いきいき」(現「ハルメク」)専属フォトグラファーを経て独立、雑誌、広告、webを中心に活動中。2014年に洗礼を受ける。父は日本ハリストス正教会司祭であり、年に数回共にアトスを訪れ修道士の生活などに密着した取材を続けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース