聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

2017年7月22日09時12分 コラムニスト : 中西裕人 印刷

7月10日(月)午後7時より、東京・有楽町にある外国特派員協会メインバーにて、中西裕人写真展「AGION OROS ATHOS」開催に際してのレセプションパーティーが協会主催で開かれた。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

この日真夏日を記録した東京。刻々と夕日の落ちる夜景を見ながら、ワイングラスを片手に日本国内はもとより、多くの海外メディア関係者にも触れられる機会となった。

A1サイズの大判13点、A2サイズ4点で飾られたメインバー内は、徐々に日が落ち、会場は聖堂内と同じような色味に変わり、会場のキュレーター、責任者でもある写真家のブルース・オズボーン氏のあいさつから会がスタートした。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

彼と出会ったのは、ちょうど半年前、今年 KYOTOGRAPHIE にも参加された写真家の吉田亮人氏が展示をこの場所で開催され、その時紹介していただいたのがきっかけである。

その後、何度かブルース氏と打ち合わせを重ね、今回この場所での展示が決まり、今日に至った。

パーティーには、駐日ギリシャ大使館の Georgios Partheniou(ゲオルギオス・パルテニウ)参事官と大妻女子大学の講演にもお越しいただいた Dionyssios Protopapas(ディオニシオス・プロトパパス)参事官もお見えになり、スピーチを頂く場面もあった。また、大妻女子大学の講演の主催でもあった日本ギリシャ協会(横山進一会長)の事務局長、川上修二氏もご参加いただき、スピーチを頂いた。また、父である日本ハリストス正教会司祭(ニコライ堂)である中西裕一氏も参加した。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人
聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

日本国内からは、多くの写真家、出版社関係をはじめ、キュレーター、今回プリントを担当した堀内カラー(矢島尚氏)など、海外からも、通信社をはじめ、写真家、キュレーター、デザイナー、翻訳家など総勢60人を超える参加者が集まり、盛大に幕を閉じた。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人
聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

展示内容としては、A1サイズ13点、A2サイズ4点のうち、聖堂内6点、修道士の生活5点、風景6点で構成している。

この機会にぜひ、この時代にいまだ知られざる聖地アトスという場所で、男性だけの修道士たちの祈りにささげた生活が行われているということだけでも知っていただけたら幸いです。

8月4日まで開催しています。ぜひお越しください。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

(撮影:杉山雅史)

写真展内容

北ギリシャ、エーゲ海に突き出したハルキディキ半島。その先端部に3本の指のように並ぶうちの最も東端の半島に、世界遺産に登録されていながら、撮影禁止のためにこれまで謎に包まれた場所がある。

全長45キロ、幅5キロに及ぶこの半島は、原始キリスト教の流れを最も色濃く汲むギリシャ正教最大の聖地であり、聖山(アギオンオロス)アトスと呼ぶ。

伝承によれば、生神女マリア(キリストの母)が旅の途中、嵐に遭遇し、この地に降り立ったのが始まりで、2033メートルを誇るアトス山や美しい半島に惹(ひ)かれ、自らの土地としたとされる。

950年を過ぎると、聖アサナシオスがアトス山から湧き出る豊かな水脈を見つけ、メギスティスラヴラ修道院を建設、これを機に共同居住型の修道施設が活発に建てられるようになり、修道士が住みついたのだという。

1400年より、「女性は生神女マリアだけである」という考えから、女人禁制となり、その掟(おきて)は今日まで守られ続け、男性のみ2千人の修道士が今でも、日夜祈りを中心とした自給自足の生活を送っているのである。

アトスへの入国は正教徒であれば、巡礼という形で、所定の手続きを踏めば入国しやすいが、観光客は1日10人までと制限されている。

暦もユリウス暦を採用し続け、俗世とは13日のズレがあり、時の刻みも夕方6時を翌日の午前0時とするビザンチン時刻を用いている。

ギリシャ領内にありながら、独立した宗教自治国として認められており、ギリシャ人の9割以上が正教徒であるこの国の人々にとっては、昨今の経済危機に直面しながらも心の拠り所として、神に最も近い憧れの地となっている。

この地の首席大臣より特別に撮影の許可を頂き、近代文明から隔絶されたエーゲ海に臨む半島で、中世から変わらぬ信仰の姿を守る修道士たちに密着し、千年続く祈りの姿を今に伝えるべく今日まで取材を続けております。

聖山アトス巡礼紀行―アトスの修道士と祈り―(32)展示編その2:レセプションパーティー 中西裕人

<会期>
2017年7月1日(土)〜8月4日(金)
(月〜金)11:00〜22:30
(土)11:00〜22:00
(日)11:00〜20:00
(祭日)11:00~20:00

<場所>
有楽町電気ビル20F 日本外国特派員協会(FCCJ)メインバー
※地図はこちら
※なお、日本外国特派員協会は会員制ですが、展示観覧の旨をフロントでお伝えいただければ、入場いただけます。

次回予告(8月5日配信予定)

ヴァトペディ修道院での大祭日の様子をお伝えします。

<<前回へ     次回へ>>

中西裕人

中西裕人(なかにし・ひろひと)

写真家。1979年生まれ。東京都杉並区出身。日本大学文理学部史学科卒。外苑スタジオ勤務後、雑誌「いきいき」(現「ハルメク」)専属フォトグラファーを経て独立、雑誌、広告、webを中心に活動中。2014年に洗礼を受ける。父は日本ハリストス正教会司祭であり、年に数回共にアトスを訪れ修道士の生活などに密着した取材を続けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース